日本で一番危険な国宝? 鳥取県三徳山へ命がけで登るの?

【日本で一番危険な国宝? 鳥取県三徳山へ命がけで登るの?】

おはようございます
今日は私の地元

鳥取県中部三朝町には
日本で一番危険な
国宝三徳山にお堂があります

地元では有名ですが
皆さんは行ったことがありますか?

断崖絶壁に立つ投入堂の
危険と言われる理由は

そこに行くまでの道のりが
あまりにもハード

岩によじ登り、木の幹にしがみつき
登ってやっと目にした投入堂の美しさは
感動ですよ

鳥取県でも人気の観光場所で
外国人の人も多く参拝されます

投入堂は三徳山の標高
約90mにある山岳院

三佛寺の中で山の斜面に
投げ入れた様に

なっていて、境内には
いくつかのお堂がありますが
その奥之院です

投入堂は三佛寺の開祖が
仏堂を手のひらに
乗るほどに小さくし
かけ声とともに
この岩窟に投げ入れたという
伝説になっています

開祖であるとされる役小角が
法力を使って崖の隙間に
投げ入れたとも言われます

三佛寺は、天台宗のお寺で
神仏融合の時代からあるお寺です

建物は国宝に指定されています
参拝される方は本堂で
参拝登山の安全を祈願して下さい

約1300年前に開山して
今なお信仰を集める修行の
場として、参拝者は

「六根清浄」と書かれた
輪袈裟を身に着け
修行者として山を登ります

参拝の前に三朝温泉で
心身を清めてから
参拝するといいと言われます

入山届けに名前を書き
登山用シューズがいいのですが

なければ、有料でわらじ
貸出しも可能です

山門から、三途の川のように小川に
架かる宿入橋を渡って登ります
距離にして700mです

事故被害を防ぐ為、お一人での
登山は禁止となっています

進んでいくとかずら坂で
急勾配の坂なので、這うように
登っていきます

登った先は、ほぼ垂直の坂道を
くさり坂を鎖だけに頼り登ります

登りきったら、文殊堂のお堂です
眺めが最高ではるか彼方に
大山が見えます

手すりや安全柵はないので
縁側に座って
絶景を楽しんでください

千年以上も前にいったいどうやって
建物が建てれたのか
不思議に思います

観音堂は建物の裏と
岩の間が洞窟に
なっていて、そこをくぐります

この洞窟の中を通る事で
生まれ変わった姿
投入堂を拝む事ができます

断崖に寄り添うように
立っている投入堂

中に入る事ができませんが
近くから見上げて下さい

これからでも遅くない!人生卒業なし!