【2019ミス・ユニバース・ジャパン日本代表】13キロ減量!加茂あこさんとは?

おはようございます
新元号「令和」になってから初となる

2019 
ミス・ユニバース・ジャパンファイナル 
NEW ERAが22日、都内で行われ

今大会のために半年から1年かけて
13キロ減量した

『ミス・ユニバース』兵庫県出身の
加茂あこさん(21)がグランプリ
日本代表になりました

加茂さんは今冬開催される
世界大会に出場します

自身の名前を呼ばれた瞬間
こみ上げてくる思いを抑えようと
両手を胸に当てていた加茂さんです

クラウンとサッシュが贈呈され
戦ってきた仲間たちが祝福し
思いが溢れて涙を流しました

ミス・ユニバース・ジャパンの頂点を
目指すため、約1000人が応募

そこから書類選考、オーディションで
選出され、4月下旬から約4ヶ月にわたる

レッスンと中間審査を経た41人の
セミファイナリストがこの日登場しました

そこからファイナリスト15人が発表され
最終審査へと突入

スピーチ、水着、ドレス審査
などを経て、グランプリが決定しました

トップ5には加茂さんのほか

東京都出身の原田優さん(22)
福岡県出身の藤野桜羽さん(20)
千葉県出身の杤木愛シャ暖望さん(23)
愛知県出身の松井るなさん(22)が
選ばれました

プレミア・アンチエイジング賞に
大阪府出身の小山真那夏さん(20)

ミス・コンジニアリティ2019に
北海道出身の
ダットワーニ優サラーさん(27)が
選ばれました

イベント後に報道陣の取材に応じ
日本代表に決定した
瞬間の気持ちを、うれしいという気持ちと
責任感を持って世界で戦っていきたい
という思いと語りました

今冬に開催される世界大会に向けて
世界という舞台に立つ上で個性を

大事にダイナミックにパフォーマンス
できるようにしたい」と
意気込みを語りました

将来の夢を聞かれると
世界に通用する女性になりたい
幼少期から思っていて、

自立した美しい心の国際人になる
ということを目標に掲げています」

尊敬している人物は
「マザー・テレサ」
彼女の生き方や相手を大切に思って
手を差し伸べる姿は
目標にしていますと話しました。

ミス・ユニバースは1952年に始まった
世界で最も歴史あるコンテストです

80カ国を超える
国々の代表が集まります

頑張ってほしいと思います

これからでも遅くない!人生卒業なし!