年賀状の歴史 詳しく知っているでしょうか?

【年賀状の歴史 詳しく知っているでしょうか?】

近年ではメールやSNSなどの
普及で年始の挨拶の
やり取りが増えてきています

今もなお企業関係の方や
年配の方を中心に
年賀状のやり取りが行われています

私自身も印刷ばかりでなく
必ず手書きで書くようにしています

印刷でなく、汚い字でも
伝わる様に思います

年賀状は日本の正月の風物詩です
しかし、改めて年賀状の歴史を
詳しく、私は知らないので調べてみました

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

日本の年賀状の歴史は実は非常に長く
およそ1000年ほど前の
平安時代のころから存在していた

貴族は毎年の年始に年始回りと
呼ばれる慣習を行っていて

年始回りは自分の知り合いのところに
挨拶に出かけ、新しい1年の
付き合いをお願いしていました

遠方の場合は直接の挨拶にも
時間がかかるという問題があり

遠方の知り合いには直接出向く代わりに
挨拶状を送ることで
年始回りの代わりとしていました

この慣習が年賀状の原型と言われています
ただ、貴族だけで
一般庶民には普及していませんでした

日本の歴史の中で年賀状に
転機が訪れるのは江戸時代に入ってからです

すでに戦国時代のころには
書状による年始回りの慣習は武士にも
広まっており

その後、江戸幕府成立で
戦乱の世が終わったことに加えて

五街道や飛脚制度が整備されたことで
国内で円滑に書状の
やり取りができるようになった

武士たちの間で正式な
年始挨拶がますます盛んになり

庶民の間でも年始の簡単な書状の
やり取りが行われるようになりました

ただ、届くのは梅雨の時期(6月ごろ)まで
かかったと言われています

江戸幕府の時代から
明治新政府の時代に入り

日本は欧米諸国に
負けないように近代化に着手し
年賀状の慣習にも大きな変化ありました

郵便局ができたのは明治時代
郵便制度が誕生

郵便制度創設とともに
簡単かつ安価で近況などを
遠くの人に伝えるための手段
として登場したのが「はがき」です

古くからある年始の挨拶状の
慣習が結びつきました

やがて、年ごとにはがきを
使って年始の挨拶をする人が急増し

1899(明治32)年に指定郵便局に
持ち込んだ年賀状を通常の郵便とは
違う特別枠で扱うという
年賀郵便制度を導入しました

年賀郵便制度は、12月20日から
30日に郵便局に持ち込まれた年賀状
1月1日以降に届け先に配達する

1905(明治38)年になると
全国すべての郵便局で
年賀郵便制度が適用されました

その後、戦争の影響で一時的に
途絶えて年賀状も終戦の年の末に
見られるようになります

戦争が終わってから2、3年ほど経ち
幾分か復興が進んできた時期の事です

1948(昭和23)年には
中止となっていた年賀郵便制度も再開

1949(昭和24)年の12月から
お年玉付き年賀はがきが登場し
お年玉付き年賀はがきは大ヒット

1961(昭和36)年
消印に模した丸表示を印刷したスタイルを導入
郵便局でスムーズに対応になりました

1968(昭和43)年には郵便番号制度が導入され
分類作業の効率が劇的に向上しました

ちなみに、導入当初の郵便番号は5桁
だったそうです

1979(昭和54)年には好きな絵や
写真を手軽に印刷できる年賀状印刷が登場
21位世紀に入ると、デジタルカメラなどで
撮った写真をそのまま
年賀状を作る人が増えました

日本人に息づくお互いを
思いやる気持ちを
年賀状で伝えていきましょう

これからでも遅くない!人生卒業なし!