クリスマスカードの歴史的背景の理由と起源・由来は?

【クリスマスカードの起源と歴史はご存じですか?】

 

日本人は年末ともなれば
年賀状の準備に追われます

海外に目を向けると
欧米人はやっぱり
クリスマスカードです

私自身も毎年クリスマスカードを
頂きます

すごく嬉しい気持ちになります
意外に知らない
日本のクリスマスの由来と
本場アメリカでの
クリスマスカードの意味

と気になるので
クリスマスカードについて調べてみました

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

その前に

クリスマスがいつから
日本に広まったか知っていますか?

私はよく知りませんでした

クリスマスとは
イエス・キリストの降誕祭です

キリストは今から約2000年前
ユダヤのベツレヘムの馬小屋

聖母マリアのもとに生を受けました
この生誕をお祝いする日がクリスマスです

又、フランシスコザビエルさんが
日本にキリスト教を布教した際に

クリスマスを日本にキリスト教を
布教した際にクリスマスを
祝ったことから始まったと言われています

明治後期、第一次世界大戦には
キリスト教という垣根を
超えて一般的に広まり

西洋化を進めるにあたり
急速に日本の中に浸透したそうです

日本でもすっかり定着した年中行事
であるクリスマスです

フィンランドのラップランド地方
ロバニエミ市にはサンタクロース村という
サンタクロースが毎日通ってくる場所が
あり、世界の子ども達に向けて
サンタクロースの手紙が送られています

クリスマスカードの歴史は
イギリスのビクトリア朝時代からと
一般的には言われています

日本でもすっかり定着した
年中行事であるクリスマスです

サンタクロースとプレゼント
クリスマスカードです

クリスマスカードの起源は、1843年
イギリスのビクトリア・アルバート美術館

ヘンリー・コール館長が
友人のジョン・カルコット・ホースリー
という画家に描かせ

そのカードには、3世代に渡る人達が
乾杯している様子が描かれ

A MERRY CHRISTMASS AND A HAPPY NEW YEAR TO YOU
書かれている物を
1000枚作成して販売したのが最初みたいです

1860年代になって
徐々にクリスマスカードを送る
習慣が広まってきました

クリスマスカードは、欧米では
新年のあいさつ代わりとなるそうです

アメリカでは
1874年にクリスマスカードが
ドイツ系の画家であるルイス・プラング
によって初めて販売

1915年にジョンC.ホールが
グリーティングカードの販売を開始
現在でもクリスマスカードの老舗です

1920年代から1930年代にかけて
手製のクリスマスカードが人気となりました

恋人や家族、そして、親しい友人に
プレゼントに添えて
クリスマスカードを贈ってはどうでしょうか?

これからでも遅くない!人生卒業なし!
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Nintendo Switch Joy-Con(L) ネオンブルー/(R) ネオンレッド
価格:32978円(税込、送料無料) (2019/12/16時点)