クリスマス(Christmas・Xmas)とクリスマスイブの意味・もっと知りたい

【クリスマス(Christmas・Xmas)とクリスマスイブの意味・もっと知りたい】

12月に入るとあちこちで聞こえる
ジングルベルの音♪

クリスマスをもっと知りたいので
クリスマスとクリスマスイブに
ついて調べてみました

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

クリスマスが12月25日

クリスマスがいつ頃始まったか

2世紀~4世紀頃に始まったという
説が有力視されているみたいです

ヨーロッパはローマ帝国時代
ミトラス教という
宗教が伝わってきました

ミトラス教には「光の祭り」という
信仰上の大切な行事があってそうで

一年で最も昼間が短くなる
冬至に行われていたみたいです
太陽の力が強まっていくことを祝っていて
冬至が、12月25日

又、農耕の儀式もまた12月25日前後
ローマ皇帝はイエス・キリストを「光」に例え
「光(太陽)の復活はキリストの復活」として

祭りをすべて吸収する形で12月25日を
キリストの降誕祭に制定したそうです

キリスト教を広める大きな
きっかけにしたそうです

又、クリスマスツリー
古代ゲルマン民族のお祭りから
伝わったとされています

クリスマスイブは

「イブ」とは英語の「evening(夜)」と
同じ意味の古語「even」のことで

「クリスマスの前夜」ではなく
「クリスマスの夜」のこと

ユダヤ暦では、日没が一日の変わり目の
12月24日の日没から25日の
日没までが「クリスマス」
です

クリスマスに含まれている
24日の日没から深夜までが
クリスマスイブです

クリスマスは

「Christmas」または「Xmas」
Christがキリスト、masはミサ(礼拝)
クリスマスとは「キリストのミサ」です

世界のキリスト教国ではキリストの
降誕をお祝いする日です

挨拶といえば Merry Christmas!
楽しいクリスマスを!

Xmasは?
クリスマスの語源はギリシャ語で
最初の文字は「X」です

ギリシャ語の頭文字からとった「Xmas」表記は
英語表記の「Christmas」よりも
歴史が古いですが
どちらも正しい表記です

私自身はChristmasを使いますね

クリスマスツリーは?
北ヨーロッパに住んでいた

ゲルマン民族は
冬至のお祭り「ユール」の一環として
寒さに強い樫の木を永遠の象徴としていました

しかし、
キリスト教の宣教師が樫の木を切り倒し
代わりにモミの木を広めたのではないか
と言われて、15世紀頃の説が一般的なようです

イルミネーション装飾は
アメリカから流行したものです

サンタクロースは?

キリスト教の聖人である
奇蹟者ニコラウスの伝説が
由来となっています

ニコラウスがサンタクロースの
イメージのもととなった話のひとつは

貧しい家に金貨を投げ入れたという
エピソードがあります

ニコラウスが貧苦に喘ぐ家庭の
窓から金貨を投げ入れたところ
その金貨が暖炉にかかっていた
靴下にそのまま入りました

このことから、サンタクロースが
靴下にプレゼントを入れてくれる
という風習が生まれました

クリスマスといえば七面鳥は?

もともとはガチョウでしたが
ガチョウはごちそうだから
特別なクリスマスにいう風習から

欧州から渡米したパイオニア達が
食べ物に困り飢えに苦しんでいた時

原住民であるインディアンから
七面鳥の施しを受けました

このことから七面鳥は
感謝のシンボルとなり
キリストへの感謝を表すために
クリスマスのごちそうになったと
言われています

クリスマスのケーキは?

フランスでは、丸太の形をした
ブッシュドノエルという
ケーキが伝統的です

フランス語でノエルは
クリスマス時期です

ポインセチアは?

クリスマスのお花と
いえばポインセチア

フランシスコ修道会のある
修道士がポインセチアを見て
ベツレヘムの星を想像し
「ノーチェ・ブエナ(聖夜)」と
呼ぶようになりました

ポインセチアがクリスマスフラワーに
位置づけられるようになったみたいです

赤いポインセチアの花言葉
「祝福する」「聖夜」「幸運を祈る」

白いポインセチアの花言葉は
「あなたの祝福を祈る」

ピンク(プリンセチア)
「純潔」「思いやり」だそうです

あなたの思いに合った
クリスマスプレゼントにしてはどうですか?

これからでも遅くない!人生卒業なし!