正月飾り気分スッキリ(鏡餅・門松・しめ縄・破魔矢など)の飾り方

【正月飾り 鏡餅、門松、しめ縄、破魔矢の飾り方 】

年末が近づくといつも忘れていて
いつ飾ればいいのか?
どこに飾れば良いのか?

飾る時期や飾り方は?
と忘れる事が多くなりました

正月飾りは“松の内”という期間の間に飾るもの
基本的な松の内の期間:12月13日~1月7日

正月飾りを飾るのに縁起が
良いとされるのは“28日”

日本において幸運とされている
末広がりの「八」が含まれるためです
鏡餅、門松、しめ縄全てに共通です

29日・31日に正月飾りを飾るのは
以下の理由で縁起が悪いと言われています

29日:「9」は「苦」を連想させる
31日:正月前日で神様に対して礼節を欠く行為
「一夜飾り」
と言われています

鏡餅は、どこに飾れば縁起が
良いなどの決まりは特にありません
複数飾っても問題ないとされています

自分が大切だと感じる所に飾りましょう
飾り方には地域によって様々です

御幣を餅の下に置いたり
末広を橙の上に置いたりする場合も
よく見かけられます

鏡餅は歳神様へのお供え物であり
歳神様の依り代になるものなのです
鏡開きの日に食べることでその恩恵を
頂けるという意味です

平安時代に書かれた『源氏物語』
当時は宮中の正月行事として

餅鏡や大根、押し鮎
イノシシ肉などを食べていました
これは“歯固め”と言って

年齢という字に歯が含まれていることから
健康的に年をとるには歯が重要
健康や長寿を祈願した行事
だそうです

昔の鏡の形が鏡餅と同様に
円形だったことに由来していて
昔の鏡は円形でかつ青銅でできており
神事に使われる神聖なもの

この神聖な鏡にあやかって
「鏡餅」という名称になったと言われています

鏡餅は三種の神器を模した物
円形の餅は八咫鏡(やたのかがみ)
橙は八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)
串柿が天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)

鏡開きは一般的に1月11日
関西を中心とした一部の地域では1月20日

2020年の成人の日は1月13日なので
どんど焼きは1月11日~13日
15日あたりが主な候補の日にちです

に外して、焼いて食べてもお雑煮に入れて
食べて構いません

食べることで一年間の無病息災
つながると言われています

鏡餅を開くことは
「新しい年の始まり」を意味しています

門松は家の門の前に飾るのが一般的です
門の両側に置きます
3本組の門松の場合はそれぞれ
2番目に長い竹が外側にくるようにします

「歳神様が降りてくる際の目印」
「歳神様が宿る依り代」の意味があります

毎年、年が明けると家々に
“歳神様がやってきて幸せを持ってきてくれる”と
と言われており
そのために門松などの正月飾りが重要です

「木のこずえ(先端や枝)には神様が宿る」
という思想で
門松を家の前に飾っておくことで
歳神様を迎えるための
依り代になると考えられています

平安時代の正月の貴族による遊び
年が明けて最初の子(ね)の日に

野山でこまつを引き抜く遊び
「小松引き」が由来です

当時は長寿を祈願して行われました

門松は3本の竹が斜めに
切断されているものが一般的です

徳川家康は生涯で唯一敗北を
喫したといわれる“三方ヶ原の戦い”

のあと、敗れた相手の武田信玄に「次は斬る」
という意味合いを込めて
竹を斜めに切ったという説もあります

松の内の最終日に外し
都合の良い日に神社やお寺に持っていく

難しいようなら
「どんど焼き」に持っていき処分しましょう

しめ縄は玄関に飾るのが一般的です
神様を迎えるために玄関のドアに
飾るのが良いとされています

神棚や水回り、車などに
飾る人も多いです

しめ縄は神聖な空間(神域)
現世と隔てる結界の意味合いです
中に不浄のものが侵入するのを防ぎます

しめ縄は漢字で『注連縄』
死霊が入らないように水を注いで
清め連ねて張った縄の意味で中国語です

新年に内側に邪気が入らないようにする
歳神様が安心して降りてこれるようにする
という意味です

日本神話「天岩屋戸」が由来です
天の岩戸に引きこもった天照大神
(あまてらすおおみかみ)を

外に出すために
説得するのではなく岩戸の前で
八百万の神々が宴をしたりして
楽しそうに騒いだという話です

天照大神が岩戸から外に出た際に
再び入ってしまうことを危惧
した
フトダマという神が
しめ縄を岩戸の入り口に張ったそうです
これが由来です

松の内の最終日に外します
処分は門松と同じです

破魔矢は、基本的には方角や飾る場所に
厳密な決まりはありません
多くの場合は玄関や神棚
床の間などに飾るのが一般的です

厄除けや幸運を射止めるなどの意味です
破魔矢は歳神様とは関係なく
「厄除け」や「縁起物」として飾られます

“魔”を破る
矢になぞらえて「幸運を射止める」
という縁起物の意味です

宮中の正月行事「射礼(じゃらい)」が起源
この行事は『ハマ』という円形の的を
「ハマ弓」「ハマ矢」で射抜くという競技です

現在は正月に弓と矢をあわせた玩具を
男児のいる家庭に贈るという風習に
変わり「破魔矢」「破魔弓(はまゆみ)」
と呼ばれています


これからでも遅くない!人生卒業なし!