クリスマスは何故チキンを食べるのか?七面鳥よりチキンな文化なの?

【クリスマスは何故チキンを食べるのか?七面鳥よりチキンな文化なの?】

もうすぐクリスマス
クリスマスになったら

何故チキンを食べるのか?

知っているようで知らない疑問

街中やテレビCMなどでは
クリスマスソングが流れ始めます

イルミネーションや
ツリーが目にするように
増えます。クリスマスが訪れ
ワクワクする気分になりますね

クリスマス当日の定番料理といえば

チキンが欠かせません 何故?

クリスマス当日の12月25日は
イエス・キリストの誕生日です

キリスト教の信仰が深いアメリカや
ヨーロッパ諸国では、ご馳走を用意して
誕生のお祝いや感謝する風習があります

特別なお祝いの席では
七面鳥のローストがふるまわれるように
なりました

しかし、元々、中世のヨーロッパでは
お祝いのときには豚や羊などを食べていた

ヨーロッパ人たちがアメリカを
開拓しようと移り住んだ時代

ヨーロッパ本土にいた時のように
牛や豚などの家畜を自由に
飼えない状況の中で
七面鳥をかわりに食べたと言われています

ヨーロッパ人がアメリカへと渡り
開拓していったわけですが

その時はまだ牛や豚などの
家畜を飼える状態になかったんです

飢えを凌ぐために当時の人々は
七面鳥を丸ごと焼くことにしました

七面鳥は普通の鳥に比べて大きいので
1羽でたくさんの人のお腹を満たす事が
出来たと言われています

アメリカ開拓時代。これまた同じように
ヨーロッパ人が移住してきた際に
食糧もなく、厳しい冬を越せずに
困っていました

先住民であったインディアン
いろいろな食糧を分け与えてくれたんです

以降、お祝いの席では七面鳥をローストし
神に感謝する習慣となっていった

それ以後お祝いのときには
七面鳥をローストしたものを
ご馳走として出すのが主流
になりました

明治時代以降、クリスマスの文化
日本にも根付いてきました

日本で初めてクリスマスの
お祝いは戦国時代

フランシスコ・ザビエルがキリスト教を
日本に伝えたときと言われています

その際にキリスト教が日本で広がり
クリスマスを祝うようになりました

日本に欧米の文化が
浸透してきたのは明治維新以降です

明治から大正、そして昭和
日本におけるクリスマス文化は順調に浸透

日本で七面鳥を入手することは難しく
七面鳥のかわりに通常のチキン
ローストして食べるようになり
それが一般的になりました

1970年
ケンタッキーフライドチキン

日本にはじめて出店

大阪の万国博覧会や高度経済成長
アメリカ文化が受け入れられ
時代の最先として
急速に広まっていきました

『クリスマスにはケンタッキー』
広く世間にアピール

クリスマスにはフライドチキンを
食べる習慣になりました

世界各国は?

アジア=にわとり

日本を含む、アジア地域では主に「にわとり」です
韓国は塩やタレにつけて食べるという方法
韓国ではフォークを使って
ちいさく一口サイズに
割いて食べるのが定番

欧米=七面鳥
ローストチキンの本場の欧米では七面鳥です

ヨーロッパ=ガチョウ
ヨーロッパではガチョウを使用しています

1492年にコロンブスが
アメリカに渡米した際に
ヨーロッパでは珍しい七面鳥をみつけて

それを持ち帰ったのがきっかけで
ヨーロッパでも七面鳥が流行
したと言われています

イギリスではチキンの他に
お祝いの席ではローストビーフ

北欧の地域では肉よりも魚がメイン
スウェーデンでは、ユールシンカという、豚モモ肉

メキシコではタマレスという
ちまきと春巻きの中間みたいな料理

フィンランドでは、リーシプーロ
と呼ばれるミルク粥

世界各国で、それぞれのお祝い用の料理が
ありますね

クリスマスは是非、チキンをキチンと食べましょう¦

これからでも遅くない!人生卒業なし!