クリスマス【雑学】クリスマスツリーは永遠の命のシンボル

【クリスマスと言えば クリスマスツリー 何故飾るの? 】

クリスマスは恋人たちの記念日
世界的には、家族で過ごす記念日
というのが一般的です

クリスマスツリーのはじまりは
中世のドイツのアダムとイブの
舞台劇の中で「知恵の樹」として

常緑樹のモミの木が飾られたものが
はじまりといわれています

色々と説があります

8世紀のドイツを舞台とする
「オーディンの樫の木」
「トールのオーク(ドナーのオーク)」
が有名かも知れません

当時のヨーロッパは、ゲルマン人が
まだ北欧神話に基づく信仰を
根強く持っていた頃

布教に訪れたキリスト教の宣教師が
樫の木を切り倒して

代わりにモミの木をキリスト教的な
「奇跡の木」として広めていったといいます

常緑樹であるモミの木は永遠の命を表し
横から見ると三角形にみえることから

キリスト教の重要な概念である
「三位一体」の象徴としても用いられたと
言われています

1419年にドイツのフライブルク
パン職人の信心会が聖霊救貧院に
ツリーを飾ったのがルーツ

宗教改革で有名な
ドイツ(神聖ローマ帝国)の
マルティン・ルター
(Martin Luther)が
子供部屋に飾ったツリーが
最初とする説もあります

ルターは星空に見立てて
ロウソクを飾りつけたとされ

クリスマスツリーにロウソクの飾りが
見られるのはこの名残と言われています

クリスマスツリーを飾る風習
ドイツのみで広まり
18世紀にドイツ移民が
アメリカへ持ち込んだ

現在のようにきらびやかに飾り付けを
するようになったのは

19世紀以降のアメリカ合衆国から
始まったようです

上述したミトラ教の冬至の祭でも
冬にも葉の落ちない常緑樹

永遠の命のシンボルとして
飾り付けられたので
それが起源とする説もあります

ツリーに飾りの意味は?

ツリーの先端に飾られる星
キリスト降誕を知らせたベツレヘムの星を意味します

リンゴは
アダムとイブが食べた知恵の樹の実を意味します

イルミネーションは
空に輝く星を意味します

靴下は

サンタクロースのモデルといわれている
二コラオスが、貧しい子供たちに金貨を

与えた際、暖炉のそばの靴下に
入ってしまったという逸話が元になっています

リースは
終わりのない円の形が、神の永遠の愛を意味します

ベルは
イエス・キリストの誕生を
知らせるベルを意味します

キャンドルは
イエス・キリストは世の中を照らす光
呼ばれており、その光を意味します

ヒイラギは

イエス・キリストが十字架に
かけられる前に
かぶせられたいばらの冠を象徴です
ヒイラギの赤い実は、キリストが流した血を象徴です

これからでも遅くない!人生卒業なし!