インフルエンザ 流行のピークは1~2月

【インフルエンザ 流行のピークは1~2月】

おはようございます
インフルエンザ 流行の
ピークは1~2月です

インフルエンザの感染力は
非常に強いです
ご家庭や職場などでの
インフルエンザ対策の徹底を!

感染経路を断つこと
飛沫感染・接触感染を防ぐ

帰宅時や調理の前後、食事前など
こまめな手洗いを心掛ける

アルコールを含んだ消毒液で
手を消毒するのも効果的

病院の入口には手を消毒しないと
入れませんですね
マスクも必ず必要です

うがいは、一般的な風邪などを
予防する効果があるといわれていますが

インフルエンザを
予防する効果については
科学的に証明されていません

予防接種を受ける
発症する可能性を減らし
もし発症しても重い症状に
なるのを防ぎます

私自身は何年も予防接種は
していません
この大丈夫が危険です

免疫力を高める
免疫力が弱っていると
感染しやすくなります

感染したときに症状が
重くなってしまうおそれがあります

十分な睡眠とバランスの
よい食事
を心がけ
免疫力を高めておきましょう

インフルエンザにかかったとき
どのようなことに気をつければよいか?

目安として、比較的急速に
38℃以上の発熱があり

せきやのどの痛み
全身の倦怠感を伴う場合は
インフルエンザに感染している
可能性があります

発症から48時間以内
抗インフルエンザウイルス薬の服用を
開始すれば、発熱期間の

短縮などの効果が期待できます
早めに医療機関を受診しましょう

水分の摂取も必要です
汗をかいたときや脱水症状の
予防のためにもこまめに
水分を補給しましょう

せきやくしゃみをする間は
飛沫に病原体を含んで
いるかもしれないので

周りに人がいる際には
マスクを着用しましょう

重症化を防ぐ
インフルエンザワクチンについては

早く接種したからといって
ピークに効き目がなくなるとも
言えないといいます

接種後の約2週間で抗体ができて
4週後には効果がピークになり

効果が続くのは一般的に
3~5カ月といわれます

流行期に入ると周囲の人が
抗原に触れるため

免疫機能が増強される
ブースター効果が生じることが
期待されるます

そのため、早めにワクチン接種しても
デメリットは少ないと指摘しつつ

冷静に、基本に忠実に
対策をとってほしいと思います

これからでも遅くない!人生卒業なし!