12月といえば?連想する事柄や行事・記念日のまとめ

【「12月といえば」から連想する事柄・行事・記念日】

12月は、何といっても
1年の締めくくりの月です

12月といえば、皆さんは何を
連想されますか?

クリスマスもあります
年賀状も用意しないといけません
新年に向けて大掃除もあります

冬休みもあり、忘年会もありと
沢山ありますね

一番連想するのは

やはり、クリスマスです

クリスマスは、もはやキリスト教の
行事ではなく
日本では年末の行事になりました

クリスマスは、イエス・キリストの誕生
を祝うお祭りとして有名
ですが

実はイエス・キリストの誕生日は
12月25日ではないと言われています

そもそも誕生日がいつだったのか
正確なところは分かっていないのです

では、なぜ12月25日がイエスの誕生日
として祝われるようになったかというと

冬至を祝う風習と結びついたからだ
言われています

昔の人にとっては太陽が活力を
取り戻す神聖な日でした

古代から行われていた「冬至の祭り」
関係しているという説もあります

古代ローマでは、冬至を境に
日が長くなることで

それを「太陽の復活」として
お祝いしていました

当時、イエス・キリストは
「世の光」と呼ばれていて

「冬至の祭り」がイエス・キリストの
誕生日として、お祝いされることに
なったようです

イエス・キリストの時代は
1日は日没で終わり

夜を一日の始まりと考えていたので
「クリスマスイブ」は
前夜という意味でなく

クリスマスの始まり
位置づけられています

2番目に連想するのは

忘年会です
忘年会の起源は、いくつかの由来の
異なる会合が、ひとつになった
ものと考えられていて

江戸時代には、特権階級の人の間で
1年の憂さを晴らすための
行事だったそうです

明治時代からは、今のような
お祭りムードの忘年会
に変化してきました

現在の忘年会は、一年の労をねぎらうのが
本来の目的となりました

上司とは飲みたくない!と
気のあった者同士が、少人数で
楽しむという傾向に
変化してきています

3番目に連想するのは

大晦日です

大晦日は、旧暦の晦日(みそか)が由来です
旧暦では、月の最後の日を
「晦日」と呼んでいて

日付に関係なく月の最終日を
「みそか」と呼んでいました

大晦日の「大」は
一年の最後の月の最終日で
あることからつけられました

大晦日の年越しの夜には
年越し蕎麦

除夜の鐘など様々な
日本固有の風習があります

大晦日は大掃除や
お正月の買い出しなど
みんな忙しい時間を過ごします

テレビ番組も、特別番組が多く
今では大晦日の風物詩となっています

NHK紅白歌合戦やゆく年くる年
家族揃って見ながら
新しい年を迎えますね

12月31日の夜といえば
昭和までは間違いなく
「家族そろって紅白歌合戦」

紅白歌合戦の元となったのは
1945年12月31日にラジオで放送された
「紅白音楽試合」です

「紅白音楽試合」は
1回きりの企画だったのですが

あまりに反響が大きく
1951年の元旦に
「第1回NHK紅白歌合戦」として復活
したそうです

大晦日に放送されるようになったのは
1953年の第4回からだそうです

2019年の今年は第70回
1970年代までは、紅白の視聴率70~80%を
誇っていました

平成に入った1989年に
初めて50%を切り

2017年の視聴率は前半35.8%、後半39.4%と
40%を切りました
しかし、腐っても紅白。まだまだ国民的番組です

私は裏番組派ですが・・・

年末年始を海外で過ごす人も多く
台湾、シンガポール、ハワイ
グアム
などが人気です

私もハワイに行って正月が過ごせる日が
来ることを願っています

これからでも遅くない!人生卒業なし!