12月の和風月名は 師走(しわす) 師(僧)が馳せ走る

【12月の和風月名は、師走(しわす)よく走り回ります】

12月の和風月名は
師走(しわす)
です

年末は忙しく小走りに走っている
様子から来ています

走り回ることを「趨走(すうそう)」
言うのですが

師が走り回るから、「師趨(しすう)」
という言葉が生まれて

やがて「師走(しわす)」になったと
考えられています

お坊さんは年末は忙しそうですね

家々に、年末にお経をあげるために
師(僧)が馳せ走るからですね

英語では12月はDecember
ラテン語の10を意味するdecem
から来ています

ローマでは3月が年の
始まりだった時期があり

12月は3月から数えて10番目の月
だった名残です

12月8日は、事納めの日とされていて
1年の農作業を終える日です

農作業を再開することは
事始めといい、翌年の2月8日です

事納めの12月8日と事始めの
2月8日をあわせて、事八日と呼びます

事八日の日は仕事も休んで
家で静かに過ごす日とされてきました

私も息子も若者農業をしていますが
ゆっくり家族と過ごしてほしいものです

休む仕事の中には、お裁縫(針仕事)
含まれていて

使えなくなった針を神社に納めて
裁縫の上達を願う針供養の行事が
始まったと言われています

12月13日は、新年を迎える準備を
始める正月事始めの日です

正月事始めとは、正確には
年末に年神様を迎えてお祀りする
準備のことです

江戸時代には、江戸城が12月13日に
城内を清掃し煤を払ったことから

江戸の庶民もそれをまねるようになり
12月13日は煤払いの日として定着しました

毎年12月21日ごろが冬至の日で
その日から約2週間が冬至の期間です

冬至の日は、昼間の時間が
1年で最も短い日です

大晦日12月31日
大晦日から元旦までに行う行事を
「年越し」と呼びます

各地のお寺で、大晦日の夜に
鳴らされるのが「除夜の鐘」です

「除夜」とは、年越しの境目のことです
古い年と新しい年の境目を意味します

除夜の鐘は、年の変わる少し前から
元旦の未明にかけて
108回鳴らされます

108回の由来も色々ありますが
人間の煩悩の数を表しているというのが
最も有名です

私の知り合いお寺さんは
108回の除夜の鐘を鳴らすのに
何回かわからなくなるので
飴玉を108個用意して鳴らすそうです

途中、飴玉が手元からポロポロと落ちて
途中で分からなくなって焦った~と
言っていました 大変ですね

聞いている人も何回かわかっていないので
いいのかな?

除夜の年越しの習わしとして
身を清めて寝ずに年神様を
迎えるというもの
がありました

大晦日の夜は長く起きていれば
いるほど長生きするという言い伝えが
各地に残されています

お歳暮についてです
お歳暮を贈る時期そのものは12月です
1年の感謝を込めて、お世話になった人に
贈るお歳暮です

本来は、親や親せきなどに
贈るものでした

会社の上司やお得意先もお歳暮の
贈り先に定着しましたね

忘年会についてです
12月が忙しい理由の一つに忘年会です

交友範囲の広い人だと、ほぼ毎日忘年会
と聞きます 大変ですね
胃腸が丈夫でないと務まりませんね

忘年会は、室町時代に始まった
「年忘れ」
という風習がもとになっています

一年の苦労を忘れ、新年を無事に
迎えることを祝う酒宴だったそうです

年賀状についてです

年賀状は、11月1日に発売が開始し
12月15日から受付が開始です

12月25日までに投函すれば
確実に元旦に届けてもらえると言います

年賀状ですが、いつから始まったか
というと明治時代です

明治になって、年始客の多いところでは
玄関口に年賀用の名刺受が置かれて
わざわざ挨拶を
受けないという家が増えました

1899年(明治32年)に東京で
始まり年賀郵便特別扱いが年賀状です

近年は年賀状からメールや
LINEで年賀の挨拶を
する人が増えています

新年12時ジャストのメールで
LINEの回線もパニックになっています

私も5分前からLINEで年賀の挨拶の準備して
カウントダウンで毎年送っています

これからでも遅くない!人生卒業なし!