ノロウイルスによる冬場の食中毒や感染症にご注意を!

【ノロウイルスによる冬場の食中毒や感染症にご注意を!】

おはようございます
ノロウイルスによる食中毒
感染性胃腸炎は冬場に
本格的な流行を迎えます

感染経路には人からの感染と
食品からの感染があります

人からの感染は
患者の便やおう吐物から人の
手などを介して二次感染する場合や

家庭や施設内などでの
飛沫などにより感染する場合です

食品からの感染は
感染した人が調理などをして
汚染された食品を食べた場合や

イルスの蓄積した、加熱不十分な
二枚貝などを食べた場合です

感染予防は?

「手洗い」をしっかりと!
特に食事前、トイレの後、調理前後は
石けんでよく洗い、温水による
流水で十分に流しましょう

アルコール消毒
風邪やインフルエンザなどの
予防には効果的ですが

ノロウイルスにはあまり効果がない
といわれていますのでご注意ください

家庭内や集団で
生活している施設で
ノロウイルスが発生した場合は

感染した人の便や吐ぶつからの
二次感染や
飛沫感染を予防する必要があります

ノロウイルスが流行する冬期
乳幼児や高齢者の下痢便や
吐ぶつに大量の

ノロウイルスが含まれていることが
ありますので
おむつ等の取扱いには
十分注意しましょう

食品からの感染を防ぐには
加熱して食べる食材は

中心部までしっかりと「加熱」を
85℃1分以上の加熱が必要です

調理器具や調理台は
「消毒」して、いつも清潔に

まな板、包丁、食器、ふきんなどは
使用後すぐに洗いましょう

熱湯(85℃以上)で1分以上
加熱消毒が有効です


潜伏期間(感染から発症までの時間)は
24~48時間です

主な症状は吐き気、嘔吐、下痢
腹痛、微熱です

これらの症状が1~2日間続いた
後に治癒し、後遺症もありません

ノロウイルスに
汚染された二枚貝を
生や加熱不足のまま食べることも
食中毒の原因になります

一年を通して発生しますが
特に冬期に流行します

1年間に発生したノロウイルスによる
食中毒の約7割が
冬期に発生しています

この冬は十分気を付けてくださいね

これからでも遅くない!人生卒業なし!