災害時に必要なものは何?

【災害時に必要なものは何?】

おはようございます
今日のブログは災害時に何か必要か?

災害時は日常生活とは異なり
いつもあるものが不足する
想像しにくい世界です

水や食料のように足らなくなることが
分かりきっているものもあれば

トイレのように不可欠だけど
忘れがちなものもあります

私たちが暮らしている日本は
大変災害が世界的に見ても
非常に多い地域です

「災害」と言っても火山の噴火
地震・津波・天候など様々です

日頃身近な災害は今回の大型台風や
地震が考えられる方も多いでしょう

1995年の阪神淡路大震災
当時関西で住んで仕事をしてい
て記憶に残っています。

すごく、大変でした。

2011年東北大震災・2016年の
熊本地震
などの地震災害や降雨による
河川の氾濫による水害があります

災害避難生活時に真っ先に
必要になってくるもの
それは水です

人間は1日に3Lの水が
必要とされています

最低3日間無補給状態で
救援を待つ事が出来るのが
最善とされております

売られているペットボトルの水は
保存期間が1年~2年

防災備蓄用の保存水は
5年~7年ほど保存しておくことが可能です

この他に必要な物は、食料です
様々な物が缶詰にされ
保存期間も1~5年と幅広くあります

果物や魚類肉類の調理済み缶詰
ビタミン群やミネラル群といった栄養素
がはいっています

市販されているものでも
2年ほどの保存期間
疲労回復とリラックス効果があります

あと、「トイレ問題」です
「携帯トイレ」を用意ください

登山用品として販売している
物もありますので
防災バックに入れておいてください

次に重要なのは「情報」です
備蓄用の電池と携帯電話の充電器

スマートフォン端末やタブレット端末で
現在の北緯・経度が瞬時にわかります

情報収集のツールとして必要です
非常に重要なアイテムです

防災ラジオとして懐中電灯などが一体モノ
手動レバーで発電できるような
モノがあれば更に万端です

又、災害時に発生する事柄として多い
「怪我」です

包帯は案外丈夫にできており
三つ編みの様に寄り合えば
ロープの替りとして利用できます

1つ加えて頂きたいものが
「サランラップ」です
裂傷の止血や破傷風菌などの

感染を予防する応急処置にも対応できます
非常に万能なアイテムです
備えあれば憂いなしです

これからでも遅くない!人生卒業なし!