冬と言えばイルミネーション いつから始まったのか?

【冬と言えばイルミネーション いつから始まったのか?】

おはようございます
冬と言えば イルミネーション

日本はいつから
始まったのでしょうか?

歴史についてです

イルミネーションの起源は?
16世紀の宗教改革で有名な
ドイツの神学者のマルティン・ルターという人が

夜に森を歩いていた際に
見えた星空がとても美しい!

これを再現しようと
木をロウソクで飾り付けして
星空を演出したのが
イルミネーションの始まりと
言う説が有名です

イルミネーションは
16世紀ごろドイツで始まった事になります

現在のような電球の
イルミネーションを始めたのは
白熱電球を発明したことで有名な

「トーマス・アルバ・エジソン」
エジソンさんは自分の発明品を売るべく
自分の研究所の周りを白熱電球で
飾り付けたそうです

日本でのイルミネーションの歴史は
明治時代にさかのぼります

明治時代には、大阪や東京の
勧業博覧会でも
盛大なイルミネーションが飾られました

正門に飾られたのが始まりと
一説によると言われています

1905年(明治38年)
明治屋が銀座に進出した際
毎年イルミネーションを飾り
新聞にも載り
広く世間に知れ渡ったみたいです

イルミネーションといえば
クリスマスシーズンに
行われるイメージです

最近はプロジェクトマッピング
不思議な世界へ導きますね

プロジェクタを使って
建物や空間に映像を
投影する技術で

CGの映像を映写機のようなもので
写し出すイルミネーションです

映像の動きや変化、さらには音楽も
融合することで圧倒的な迫力となります

今後はどんどん変化していくと思いますが
個人的にはイルミネーションが好きです

これからでも遅くない!人生卒業なし!