ストレスに悩む現代人の悩みの解決方法

【ストレスに悩む現代人の悩みの解決方法】

おはようございます
今日は「道は開ける」1948年に
アメリカで出版され、1500万部を超える
ベストセラーになった本についてです

ストレスに悩む現代人に
「悩みの解決方法」を
教える自己啓発の本です

デール・カーネギーが書いた本で
本人も相当の苦労人だったみたいです

セールスマンからさまざまな
職を渡り歩き演劇を学んで役者を

志したが結局うまくいかず
セールスマンにもう一度戻り
研修講師として独立

人生のさまざまな苦難を
味わったみたいです

この本では「自分はまだやれる!」
という発見と悩まない体質をつくる

悩みを解決した後に
どのような姿勢で
人生に向き合うのかを説いています

今日の一日の区切りで生きる
明日の事で不安になったり
過去の事で落ち込まない事

苦境に陥ったら
「最悪の場合はどうなるか?」
考えて、それを受け入れる覚悟をする事

悩みに対する戦略を知らない人は
早死にするので
自分なりの解決策を手に入れる事

悩みの大半は、判断の根拠
となる知識がないから

「悩みは何か?」「原因は何か?」
「解決策は何か?」
「最善策はどれか?」と考える事

悩みの週刊を断ち切るなら
常に忙しく仕事をする事

過去は墓場に送る事(クヨクヨしない)
われわれの人生は、考え方で作られる
だから、平和や勇気
健康や希望で心を満たす事

復讐や仕返しはしない
相手を傷つける以上に自分も傷つく

1分でも、嫌な人の事は考えない事
神様を信ずる、信じないは別として
祈る事が大事と言っています

批判は、偽装された賛辞である
湖畔が怖いなら常に最善を尽くす
自分で自分を批判する事

疲れる前に休む事
不眠症で悩む人は
眠くなるまで起きて仕事をする

起きていられない程肉体を疲れさせ
ぐっすり眠る事

今日一日の区切りで生きよ
過去は過去であり
人生には今この瞬間しかない

人は自分が意識したいものしか
認識できないと脳の働きです

生き生きと活躍している人ほど
叩かれます
批判やクレームは嫉妬からくるもの
あなたが、それだけ魅力的な証拠です

怒りっぽい人はコントロールできない事を
無理してコントロールしようといているから

コントロールできないのであれば
それに調子を合わせるか

忘れてしまうかのどちらかです
自然体で向き合うのが大切です

他人に興味を持つことによって
自分自身を忘れよう

毎日、誰かに喜びや微笑が
浮かぶ善行を心がけよう

傷ついた自分に対してでなく
大切な人や好きな人に対して意識を

向けるようにする
それが生きる意味となります

これからでも遅くない! 人生に卒業なし!