寝不足の人が太りやすくなる3つの訳

【寝不足の人が太りやすくなる3つの訳】

おはようございます
脂肪の原因は睡眠不足が原因かもしれません

ボーダーラインは5時間です
米コロンビア大学が2005年に行った

調査結果で、32歳~59歳
男女8000人を
対象に調べて

平均7時間~9時間の睡眠時間の人に
比べて、4時間以下の睡眠の人の

肥満率は73%も高かったとの
調査結果が出ています

5時間睡眠の人でも、肥満率50%も高いと
報告されています

32歳~59歳まで、働いて、子育てなどの
両方だと、睡眠時間は5時間を切ります

でも、何故、
睡眠時間が少ないと太るのでしょうか?

米スタンフォード大学が2004年に行った調査で
睡眠時間は食欲と関係しているとわかりました。

8時間寝た人と5時間しか寝ていない人では
食欲のわくホルモン「グレリン」の量が

15%多く、食欲を抑えるホルモン
「レプチン」の量が約15%低いと実験結果がでました

睡眠の長さと、食欲をコントロールする
ホルモンのバランスが関係しています

睡眠時間が少ないと言う事は
起きている時間が長いとなります

長くなった活動時間に必要なエネルギーを
確保しようと、食べてしまいます

寝不足は翌日、活動量が減る場合もありますが
体がだるく、重くなり、動きたくなくなりますよね

運動もさぼってしまいがちです
あまり動かなくなり、でも食べるという
状態になります

典型的な太るスパイルになります
自分で動いて消費できる総活動量は3割程度です
残り7割が基礎代謝によるものです

基礎代謝は内臓を動かしたり、呼吸、体温調整などです
基礎代謝が落ちれば、太りやすくなります

又、加齢とともに、やせにくくなります
基礎代謝が落ちているが原因です
だから、寝不足は基礎代謝を下げる原因です

睡眠中は全身の細胞の新陳代謝が上昇します
又、中性脂肪が減るのはやせる第一歩です
筋肉が太くなれば、代謝が上がります
又、消費カロリーが増えます

成長ホルモンを沢山だせは、太りにくく、健康的に
引き締まった体を維持できます

成長ホルモンの対策です

「眠り初めの3時間」がもっとも深い睡眠に入ります
1日の分泌さされる成長ホルモンの7割~8割が出ます
この3時間は大切にして、目を覚まさない事が大事です

ソファでうたたねしても、3時間はベットにも行かず
そのまま寝てください

できるかぎり、食事は寝る2時間~3時間前に
終えているのが理想的です

寝不足の人の体形は、筋肉がつきにくくて
脂肪たっぷりのメタボ体形になります

寝不足になると、糖質を取りたくなります
又、不眠によるステレスやイライラを解消する為に
食べてしまう人が多いようです

私を含め、皆さんも十分に気を付けて下さいね

これからでも遅くない!人生卒業なし!