ワンちゃんとのコミュニケーションと生活習慣病

【ワンちゃんとのコミュニケーションと生活習慣病】

おはようございます
ワンちゃんとのコミュニケーションは

いい行動した時は
思いっきり誉める事

嫌がる事を無理やりはしない事
スキンシップも沢山する事

沢山一緒に遊んであげると
ワンちゃんは飼い主さんの事が

大好きになり、そばにいる事が
幸せと感じます

逆に、叱る行為や嫌がる事を
無理やりすると嫌いとワンちゃんは感じ
離れようとします

名前を呼んであげて、誉めてあげれば
呼ばれると何かいい事があると

期待感を抱きすぐに
しっぽをフリフリして駆け寄ってきます

また、なでてくれると喜んできます
普段からスキンシップをしていないと
怖がって逃げてしまいます

ワンちゃんは飼い主さんの
行動を気になります。歩くと一緒に
後をついてきます

我が家のナンシーも
私が移動する場所にいつも
ついてきます

走ったら慌ててついてきます
そして、側について
私の顔をじっと見ます

何処かに行ってしまうか
確かめようとします

また、遊んでくれるのかと期待します
遊びの誘いを待っています

次はワンちゃんの生活習慣病についてです
原因はどうな理由があるかを調べました

生活習慣病の原因は
肥満が多くあげられるそうです

肥満によって、心臓病や関節疾患
糖尿病などを起こす原因になるので
注意が必要です

対策として、運動不足が原因となるので
定期的なお散歩などの運動が必要です
ストレス解消にもなります

適度の散歩がいいですよ
先日、公園に散歩に連れていき
嬉しそうに走り回りました

後は食事管理です
また、歯周病の予防の為に
デンタルケアもしっかり行ってください

おやつのあげすぎは肥満の
原因が高くなります
ご褒美もほどほどにしましょう

ついつい、ご褒美を
沢山あげすぎに注意してくださいね

可愛い目でじっと
見られると、あげたくなると
思いますが

愛犬の健康を考えて
飼い主さんは見直してくださいね

これからでも遅くない!人生に卒業なし!