季節の変わり目 変化 体調管理に

【季節の変わり目 変化 体調管理に】

おはようございます
季節の変わり目は
体調管理が必要です

昔から季節の変わり目にはめまいがする
天気が崩れる前に頭痛がするなど

気象の変化によって
持病が悪化する事を
気象病と呼びます

不安といった気分障害があります
天気が変わりやすい時の
低気圧や台風の多い秋が要注意です

寒暖差に対応する為の
自律神経の一つ
交感神経優位が続くと

エネルギー消費が
増えて、疲れやだるさを
感じやすくなります

自律神経は
体を活動的にする交感神経
リラックスさせる

副交感神経があります
この2つがバランスをとります

心臓や胃や腸に血管などの
臓器の働きを司っています。

自分ではコントロールが出来ません
ストレスでバランスが悪くなります

気圧が下がったり
上がったりすると
耳の奥にある内耳が敏感に感知します

三半規管など体の
バランスを保つ気管が
集まっています

私自身も、昔から三半規管が良くないので
悩みの種です

気圧低下などの情報は
内耳の前庭神経を
通って脳に伝達されます

それによって自律神経は
ストレス反応を引き起こして
交換神経が興奮状態になります

うつやめまいの悪化や心拍数の増加
血圧が上がり、慢性痛の
悪化の原因となります

自律神経が正常に
機能するためには
自然環境が必要です

空調が完備された環境で暮らしや
昼夜逆転の夜勤勤務・夜遊びなどで
生活リズムが乱れる

私の仕事も夜勤などもあり
朝から夜遅くの仕事で
バランスを崩しています

その結果、自律神経が
整いにくくなります
気圧の影響についていけない
体になります

対策として
天気や季節変化から受ける影響を
少しでも減らし
体調を崩す回数を減らす事です

その為に、自律神経を整えて
寒暖差や気圧の変動に耐えられる
体づくりを心掛けましょう

自分の事をチェックしましょう

・乗り物酔いがしやすい 
・季節の変わり目に体調を崩しやすい
・暑い季節にのぼせ、寒い季節では冷える
・雨が降る前にめまいや眠気を感じる
・体を最近、動かす機会が減っている

・肩こりがある
・飛行機に乗ると耳が痛くなる

・片頭痛もちである
・几帳面な性格である
・ストレスを感じやすい

朝食は、寝ている間に下がってしまった
体温を上げ、自律神経を
整えるのに大切です

気象病対策はビタミンB1
豚肉・玄米がいいです
脳の栄養素や糖質を体内でエネルギーに
換えてくれます

ウォーキングや軽めの
ランニング・水泳など
ゆっくり長く出来る運動がいいです

特に水泳は自律神経の
働きによい刺激を
与えてくれます

あと、ストレッチや筋トレ
首回りの筋肉を付けて
血流をよくしましょう

手首にあるツボで乗り物酔いや
自律神経の乱れやふらつきやめまいの症状も
刺激で改善できます

季節の変わり目は体調管理に
気を付けましょう

これからでも遅くない!人生卒業なし!