コーヒーと紅茶 飲むならどっちがいいの? メリット・デメリット

【コーヒーと紅茶 飲むならどっちがいいの? メリット・デメリット】

おはようございます
コーヒーと紅茶どちらを好んで
飲みますか?

私はコーヒーを毎日飲みます
それぞれのメリット・デメリットを
ブログにしました

朝起きた時や気分転換
食後などに飲みたくなりますね
コーヒーですか?紅茶ですか?

どちらが、美容や健康面に効果が
あるのでしょうか?

コーヒーのメリットは
まず、リラックス効果です

疲れた時にコーヒーを飲むと
とてもリラックスができ
良い気分転換になります

香りを嗅ぐだけでも癒されます
リラックスしていることを現す
α波が出ると言われています

コーヒーを飲むと心地良い気分に
させてくれる効果があり
気分が落ち着いたりリラックスを
することができると言われます

これから大きな仕事をする時に
仕事の前に飲む人は
のんびりするタイプで
仕事の後に飲む人は
緊張するタイプと言われます

ダイエット効果として
コーヒーに含まれるカフェインには
脂肪を燃焼するはたらきがあると
言われます

また代謝アップにも効果があり
コーヒーを摂取すると効率よく
痩せることにもつながります

コーヒーにはポリフェノールも含まれており
クロロゲン酸が脂肪燃焼を
促進するとも言われています

ダイエットの時にコーヒーを飲む
効果的と言えます

アンチエイジング効果として
ポリフェノールには
抗酸化作用があります

体を酸化させないはたらきで
アンチエイジングにも効果があると
いうことになります

老化の原因でもある活性酸素を
取り除いてくれるで、美容と健康維持に
プラス効果があります

二日酔いによる体調不良の方は
コーヒーを飲むことをお勧めします

カフェインには利尿作用があるので
二日酔いの原因物質を早く
体外に排出してくれます

コーヒーのデメリット
口臭を引き起こしやすい
コーヒー豆の細かな微粒子が
舌に付着していたら口臭の原因になります

空腹時や唾液の分泌が少ない時
コーヒーを飲むと、口の中の細菌が増えやすい
飲んだ後は口をすすぎましょう

カフェインは血行を促進する作用がありますが
過剰に飲むと冷えを招いてしまいます

カフェインを摂りすぎると
利尿作用がはたらき
体の水分を排出するので
体温が下がります
飲み過ぎに注意です

紅茶のメリットは
ティータイムを過ごす時に
欠かせない紅茶です

紅茶に含まれるテアフラビンには
殺菌作用があると言われています

風邪やインフルエンザのウイルス対策
として、紅茶が効果的です
ストレートティーとして飲むこと

カテキンやタンニンという成分は
虫歯や口臭の予防になります
消毒や抗菌作用もあります

フッ素が含まれているので
歯の質を良くしてくれます

美白効果が紅茶にはあると言われています
ハイドロキノンという成分が
シミやシワの原因となる
メラニンの生成を抑えてくれます

ハイドロキノンは美白効果が高く
シミなどに対しても効果
があります

コーヒーと同様、紅茶にもリラックスし
疲労回復に効果があると言われます
テアニンという成分がリラックスし
記憶力を向上する働きがあります

紅茶のデメリットは

飲みすぎには注意が必要です
カフェイン依存症の恐れがあります
1日3杯程度なら美容や健康に
特に悪影響はありません

女性にとっては、美容と健康を
考えるとメリットは紅茶の方が
いいかと思いますが
適量に飲むなら好きな方を
飲まれた方が一番いいです

これからでも遅くない!人生卒業なし!