2019年 10月1日 軽減税率 消費税10%

【2019年 10月1日 軽減税率 消費税10% 】

おはようございます
2019年10月1日から
消費税が10%になります

消費税率引き上げの背景には
少子高齢化に伴う
社会保障費の増大があります。

その社会保障費の増大を税金でまかなう
「社会保険と税の一体改革」により

消費税率の10%への引き上げが
決まりました。

消費税の税収が景気に
左右されにくいためです

すべてのものを一律で消費税率
10%に挙げてしまうと
所得の高い人にも低い人にも

同じ税率がかかり
低所得者ほど税負担感が
大きくなってしまいます

普段の生活に必要なものを
中心に消費税率を低くし

税負担感を和らげるため
軽減税率を設ける為に
8%と10%が運用となりました

軽減税率8%が適用されるものは
飲食料品と新聞です

軽減税率が適用されるか
否かの判断が難しいのが
飲食料品です

原則、人の飲用または食用に
供されるものについては
軽減税率が適用されます

家で飲食するものが前提です
外食には軽減税率が適用されません

外食とは、テーブルや椅子などの
飲食設備を設置した場所で
飲食を提供するものが規定です

テイクアウトは、テーブルや椅子などの
飲食設備を設置した場所での
飲食とはいえない(飲食料品の譲渡)ため、
軽減税率が適用されます。

コンビニやファーストフード店では
テイクアウトなのか店内で食べるのかで
消費税率が異なってしまいます

私自身ホテルで働いていますが
ホテル内での食事も
レストランで食べる場合や

部屋で食べる場合など
さまざまなケースがあります

ホテル内にあるレストランでの食事は
軽減税率は適用されません

テーブルや椅子などの飲食設備の
ある場所での飲食等は
消費税率10%となります

ルームサービスの場合も
軽減税率の適用はありません

ホテルの部屋内のテーブル
椅子等を飲食設備とみなします
消費税率10%となります

ホテル内の会議室などで飲食
軽減税率の適用はありません
消費税率10%となります

私の働いているホテルでは
客室の冷蔵庫に飲料はありませんが
他ホテルでホテルの部屋に備えつけてある

冷蔵庫内の飲料を飲んだ場合は
軽減税率が適用されます
通常、飲料を購入する場合は

飲食料品の購入となり
軽減税率が適用されます
消費税率8%となります

しかし、ここで注意しなければならないのが
ビールなどのお酒です

お酒(酒類)は、軽減税率の対象
となる飲食料品には含まれていません
消費税の軽減税率の対象外です

アルコールが一度未満のものは
酒類になりません

ホテルの部屋に備えつけてある
冷蔵庫内の飲料を飲んだ場合は

ジュースやミネラルウォーター
ノンアルコールビール
などの飲料は
軽減税率の対象(消費税率8%)

アルコールが一度以上のビール
などのお酒
は、軽減税率の対象外
(消費税率10%)です

これから、ホテルの冷蔵庫には
何も入れていない所が増えると思います

これからでも遅くない!人生卒業なし!