何故、食欲の秋と言われるのか?

【何故、食欲の秋と言われるのか?】

おはようございます
秋と言えば、食欲の秋

スポーツの秋、芸術の秋
睡眠の秋など
色々とあります

旬の食べ物が街中にあふれる秋
松茸、栗、サツマイモ、キノコ

カボチャ、秋刀魚と果物から
野菜、魚とさまざまな食材があります

なぜ秋になると食欲がわくのか?
日本の夏は暑いだけでなく
湿度も高いので
とても過ごしにくいとされています

夏は夏バテで多くの人が食欲が
なくなります

今年の様に猛暑が続くと
口当たりの冷たいもの
ばかりになりがちです

虫の音が聞こえる時期は
朝夕の風も心地よく過ごしやすくなります

収穫の秋は美味しい食物が
たくさんテーブルに並びますね

旬の食べ物は栄養価が高くて
何といっても美味しい食材が多いです

秋になると気候が良く
過ごしやすいところに

美味しい旬のものが多く
出回るタイミングなので

夏場の反動から人は
秋に食欲が戻ります

又、精神状態を安定にするための
ある神経伝達物質が
大きく関係しています

セロトニンは別名「幸せホルモン」
とも呼ばれており
満腹感を与えて食欲を
抑える働きがあります

日光に当たる時間と比例していて
陽の光を浴びる時間が短いと減り
長ければ増えます

セロトニンの分泌量も減るので
食欲が増えると言われています。

秋は日照時間が短いので
夏に比べて太陽の光を
浴びる時間が短く

又、暑い夏を乗り越え涼しくなると
体力と共に食欲が回復してきます

果物や魚も多く出荷され
味覚の秋とも呼ばれます

蒸し暑さと冷房で疲弊した
胃袋が癒しを求めはじめます

夏場は夜19時を過ぎても
昼間並に明るかったと思ったら

秋が近付くにつれて
夕方18時を過ぎる頃には
すっかり日が暮れて
夕日が綺麗に見えます

陽が短くなると、いよいよ
本格的な秋の到来を感じますね

これからでも遅くない!人生卒業なし!