日本競馬界で数々の伝説を残してきたディープインパクト

【日本競馬界で数々の伝説を残してきたディープインパクト】

おはようございます
今日は史上最強馬 ディープインパクト
についてです

日本競馬界で数々の伝説を残してきた
ディープインパクトです

2019年7月30日頚椎の骨折により
急死が伝えられ多くのファンが嘆き
悲しみました

生前の飛ぶように走る勇姿はいつまでも
脳裏に焼き付いています

2度と現れないと言われる程
競馬界では最強の馬と呼ばれました

ディープインパクトは
2002年3月25日生まれ
茶褐色の鹿毛の牡馬です

父親はサンデーサイレンス
母親はウィンドインハーヘア

生涯通算成績は14銭12勝
2005年皐月賞、日本ダービー、菊花賞
2006年天皇賞・春、宝塚記念、ジャパンカップ
有馬記念を制しました

1984年のシンボリドルフ以来の
史上2頭目となる3冠制覇を果たした
伝説的な競走馬でした

2007年に引退し、北海道で種牡馬入り
種牡馬として種付け料は4000万円と桁違い

種牡馬としても5頭のダービー馬を輩出
ディープインパクトの子供たちも目覚ましい活躍
子供達も父親を超える日がくるかもしれません

デビューは2004年
4連勝で臨んだ日本ダービーでは
タイレコードで圧勝!

2005年菊花賞では単勝1.0倍
支持率79%と歴代単勝支持率です

2005年無敗で史上6頭目となるクラシック3冠馬
G1での7勝はシンボリルドルフ、テイエムオペラオーに並ぶ
史上3頭目の最多タイ記録

レースの直前になると闘争心が、
むき出しにし、レースのほとんどが
終盤の追い上げの

ラストの直線でのスピード
飛ぶように走る天性の柔軟性と
走りの才能でした

最後の引退試合のラストランは察知して
1位を獲得しても、嫌がり走らなかったそうです

これからも伝説の競走馬として
語り継がれていくことでしょう

相棒の武豊騎手は
私の人生において本当に特別な馬で
感謝しかありませんと述べています

サンデーサイレンスからディープインパクト
そして、次の産駒が新しい伝説を引き継いで
行くと思います

これからでも遅くない!人生卒業なし!