女子ゴルフ 渋野日向子(20)  笑顔のシンデレラ

【女子ゴルフ 渋野日向子(20)  笑顔のシンデレラ】

おはようございます
4日 英ミルトンキーンズのウォバーンGCで
行われた今季メジャー最終戦で優勝しました

日本勢のメジャー勝利は
1977年の全米女子プロ選手権を
制した、樋口久子以来42年ぶりの2人目です

日本ツアーで今年が実績1年目で
5月に初優勝し、7月に2勝目をし
現在賞金ランキング2位です

日本で十分に成績を出していないのに
海外でやる資格はないと言う

海外試合初出場で女子メジャー制覇
おとぎ話のようなエンディングです
センセーショナルでハッピーです

昨年、プロテストに合格したばかりの
ルーキーが偉業を成し遂げました

最終ホールで劇的なバーディーで
4日間トータル18アンダーまで
伸ばす圧巻のゴルフで
世界中を驚きに包みました

ずっと笑顔がトレードマーク
ギャラリーも渋野ワールド全開で
味方にし、巻き込みました

歯切れのいいゴルフとスマイル満点
ファンが増え続け、声援も飛び交う程

最終ホール、グリーンに上がると
歓声と感謝の拍手

強気なパットで優勝を勝ち取りました
ホールアウト後
「やっちゃった。どうしよう」とおどけての
表彰式。インタビュー・会見・サインと
多忙を極めました

渋野にとっても、ゴルフファンにとっても
夢の一週間。ゴルフ界に残したインパクトは
後世まで語り続ける日になりました

渋野日向子の経歴

3人姉妹の二女として生まれる
岡山の小学校2年生の夏休みにゴルフと出逢う
地元のスポーツ少年団でソフトボールを始める
投手で左打ち

ゴルフは2010年に岡山県ジュニアで3位
2011年に中学に進学し
軟式野球部に入り、ゴルフで優勝し
中学2年からゴルフ1本に絞りました

2012年・2013年と優勝し
3連覇を果たしました

2014年に高校へ進み
中国女子アマチュア選手権で優勝
2015年にも優勝

高校卒業後の2017年は不振でしたが
2018年にステップ・アップ・ツアーに出場
初日にホールインワンを達成
同年2度目の最終プロテスト進出を
果たし14位で合格する

翌シーズン前半戦のJLPGAツアー出場資格を得る
2019年5月ツアー公式戦12アンダーで
初優勝し、20歳178日の優勝は
大会史上最年少優勝を飾った

資生堂アネッサレディスオープンにおいて
通算12アンダーで初代女王で2勝目

海外初試合となった「AIG全英女子オープン」
大会前の目標は予選突破としながら
通算18アンダーで
LPGAツアー初出場初優勝でメジャー大会を飾った

いつも笑顔で「笑顔のシンデレラ」です

これからでも遅くない!人生卒業なし!