F1レーサー の伝説 アイルトン・セナの才能はすごい!

【F1レーサー の伝説 アイルトン・セナの才能はすごい!】

おはようございます
今日はF1レーサー
アイルトン・セナについてです

日本のF1ブームを作りました
史上最高のF1ドライバーと呼ばれました

1980年代はアラン・プロスト、ネルソン、ピケ
ナイジェル、マンセルと「四強」「ビック4」
「F1四天王」と呼ばれました

その中でも、アラン・プロストは
最大のライバルで
毎レース注目を集めました

日本では「音速の貴公子」と言われていました

1984年から1994年までの10年間
3度のワールドチャンピョンを獲得

計65回のポールポジションを獲得
F1のレジェンドとして活躍しました

時代を引く次ぐ形で
ミハイル・シューマッハ
さらなる伝説を残しました

アイルトン・セナの結婚は、少年時代から
交際していた年上の女性リリアンと1980年

20歳でスピード結婚しました
しかし、長くは続かず
1982年に離婚しています

2019年現在
現役最強と言われるドライバー
フェルナンド・アロンソと言われています

史上最高のF1ドライバーと呼ばれながら
1994年にアイルトン・セナは5月1日

イタリアのイモラ・サーキットで行われた
「サンマリノグランプリ」事故死しましたが
伝説が語り継がれています

GP開幕から3連勝ポールポジションでスタート
1コーナーでも首位

後方でのクラッシユが起きてセーフティーカーが
導入され、再スタートとなりました

7周目を回った午後2時17分頃
1位アイルトン・セナ
2位ミハイル・シューマッハと
首位争いの激しいレース展開

超高速域の左コーナーで時速312㎞/hで
曲がりきれずコンクリートウォールに激突

激突直前にブレーキをかけて
時速210~220km/hまで
速度を落としていました

ミハイル・シューマッハは、アイトン・セナの
事故死から約6年後の2000年に
通算41勝目を上げて、アイトルトン・セナの記録に
並びました

2019年5月1日から令和元年がスタート
この日がアイルトン・セナの命日です

「モータースポーツ史上最も偉大なドライバー」
F1レーサーアイルトン・セナ

これからでも遅くない!人生に卒業なし!