事故が多発しています 高齢ドライバーって 何歳から?

【事故が多発しています 高齢ドライバーって 何歳から?】

おはようございます

高齢ドライバーによる事故のニュース
最近よく報道されます

私自身も来年60歳になります
バイクと車を運転しています
気になるのでブログにしました

センターラインをはみ出し
対向してきた軽乗用車と正面衝突とか

一方通行へ逆走で走ったり
ブレーキとアクセルを間違えて踏んで事故

横断歩道を渡っていた小学生の列に
乗用車が突っ込っむ
ニュースで良く耳にします
悲しいニュースで心が痛みます

太陽が目に入って見えないからと
「運転操作不適」

【高齢ドライバーの重大事故】
自動車運転処罰法違反
(過失運転致傷)です

いずれの事故も、最低限の
交通ルールが守られておらず

被害者側にとっては防ぐことが難しい

「高齢ドライバー」の定義は65歳以上
ところで、「高齢ドライバー」とは
いったい何歳以上の人をさすのか

「還暦の60歳?70歳以上?75歳以上?」
警察庁がまとめている交通事故統計では

高齢運転者を65歳以上と定義づけて
数字をカウントしています

又、厚生労働省も高齢者を
65歳以上と定めています

免許更新時の高齢者講習の
「もみじマーク」
70歳以上の努力義務

現在は、70歳以上の高齢運転者が
普通自動車を運転するときに付ける
事になっています

高齢者講習前の認知機能検査
75歳から

警察庁のHPは運転免許証の更新期間が
満了する日の年齢が
75歳以上のドライバーは

高齢者講習の前に認知機能検査を
受けなければならないと明記されています

また、75歳以上の運転者が、信号無視、
通行区分違反、一時不停止などの違反行為を

したときには、『臨時認知機能検査』を
受けなければならないとされています

老化現象は年齢で簡単に区切る
ことはできず、個人差があります

まだまだ、元気で大丈夫と思っていても
運転に影響が出ているかも知れません

運転能力に支障がないか、客観的に
チェックして下さいね

これからでも遅くない!人生卒業なし!