ワンちゃんが醤油を舐めてしまった!どうしようと添い寝する理由

【ワンちゃんが醤油を舐めてしまった!どうしようと添い寝する理由】

ワンちゃん大好きセブンハンドルです
長年、愛犬と暮らしていると
醤油を舐めてしまうケース
あると思います

少量ぐらいはほとんど問題なしです
しかし、沢山舐めると容態が

急変する場合があります
この場合は病院へ連れて行って
あげてくださいね

愛犬が小型犬の場合は
危険な状態になる

可能性があるので
なるべく早く病院へ
連れて行ってあげてください

ワンちゃんの体重が関係していて
体重の1㎏に対して
2~3gの塩分を
摂取すると中毒になると言われています

愛犬が小型犬なら
スプーン一杯分で
危険になる可能性があります

我が家のワンちゃんも
小型犬のトイプードル
なので、十分に注意しています

2.7gの量は相当ガブガブ飲まない限り
この量にはならないので
緊急事態になる場合は少ない様です

ただ、下痢や嘔吐の症状になったり
しますので、念の為、病院へ連れて
行ってあげてください

少量なら、命に別状はないと思いますが
容態が急変しないか
常に見てあげてくださいね

心配するのは塩中毒や
高ナトリウム血症です
高血圧になったり、肝臓や心臓に
負担がかかります

大丈夫と思っても
念のため動物病院で相談は
しておいた方がいいと思います

自己判断で対処する事が
一番怖いです

何故、ワンちゃんは飼い主さんの
べったりくっついて、添い寝るのか?

ワンちゃんは大好きな飼い主さん
存在を感じながら眠りたいとの理由
一番多いようです

落ち着いて眠れる
ワンちゃんにとって、
頼れる存在で、大好きな
リーダーと認識したら

安心する場所の一つ
で添い寝する事が多い様です

又、飼い主さんの匂いが愛犬にとって
好きな臭いの一つになる様です
飼い主さんの匂いが付いている

お布団や枕、タオルや服も
好きな臭いの一つに
なるので、落ち着く様です

だから、御留守番をさせる時は
飼い主さんの臭いがついた物を
ケージに入れておくと

落ち着くみたいなので
試してみて下さい

あまり、依存しすぎると
少し離れただけで
不安を感じたり
寂しくなってストレスを感じ
やすくなるので要注意です
適度の距離感は必要です

リスクとして、主従関係が
崩れる可能性もあります
添い寝が増えると同じ立場と

勘違いし、飼い主さんの
言うことを聞かなく
なったりするケースもあるそうです

甘えん坊でワガママな性格に
なるかも知れません
メリハリは必要です

ケージの中で自分の寝床で
寝なくなる可能性もあります

ワンちゃんだけの時間も作り
依存しない様に飼い主さんは
気を付けましょう

愛犬と添い寝は可愛いくて
幸せな気持ちになると思いますが
リスクもある事を頭に入れておいて下さい

これからでも遅くない!人生に卒業なし!