年末と言えば大掃除 お風呂の掃除 基本的なコツ これでスッキリ!

【年末と言えば大掃除 お風呂の掃除 基本的なコツ これでスッキリ!】

年末と言えば大掃除ですね
お風呂の掃除が一苦労します

基本的なコツについて
調べました

人間から出る皮脂汚れ以外にも
石けんやシャンプーの成分
入浴剤に含まれる保湿成分

水道水に含まれるミネラル成分なども
汚れの原因となります

まず、洗剤の選び方についてですが
お掃除をする際は、弱い洗剤から試して
どうしても落ちない場合に強い洗剤を使うのが
基本と言われます

「重曹」や「クエン酸」
食品の添加物にも使用されており
比較的安心です

基本的なお風呂の掃除の手順です

換気をする→浴室全体を水で軽く流す→
浴槽を掃除する→壁や床をスポンジでこする
→排水溝を掃除する

お風呂の汚れの代表格といえるのが
カビや水垢ですね

浴室は、おうちの中でも高温多湿で
石けんカスや皮脂などの栄養分が
豊富なカビの生えやすい場所です

お風呂から上がる時にシャワーで
石けんカス等の汚れを流し
よく乾燥させると予防になります

私もお風呂から上がる時にしています

生えてしまったカビにはカビ取り剤が有効です

一番やっかいなのが、水垢です

鏡や浴槽のフチ・壁などに見られる
白いウロコのような汚れが水垢です

主成分は、水道水に含まれている
カルシウム・マグネシウム・シリカ(ケイ素)
が含まれる化合物などです

入浴時に飛び散った水滴を
そのままにしておくと
水分は次第に蒸発します

水滴に含まれるミネラル成分は
そのまま残って結晶化して
水垢の原因です

水垢は、酸に溶けやすいので
弱酸性の洗剤が効果的です

又、シリカは酸に強いので
研磨剤をつけて物理的に
そぎ落とさなくてはなりません

次はタイル目地のカビの対処です

お風呂用洗剤をつけてブラシでこすります
落ちない場合は薬剤を“シップ”で
密閉して浸透させます

それでも取れない場合は
塩素系カビ取り剤を使用します

古い歯ブラシのような細ブラシで
カビの生えている部分に塗り伸ばして
5~10分ほど置いてカビの色が
消えるのを待ちます

そして、シャワーでキレイに
洗い流して下さい

カビ取り剤をかけても垂れてしまう場合は
ティッシュペーパーを細長く
折りたたんだものを

スプレーした上からシップするように重ねます

次は桶やイスの汚れです

まずは、ラップパックで汚れをふやかします
桶やイスの汚れは、石鹸カスと
水垢が主な原因です

汚れを落とすには、お風呂用洗剤を
つけてスポンジでこすります

それでも落ちない場合は
洗剤をつけてラップで巻いて“パック”です

拭いてもすぐに曇ってしまう鏡についてです

鏡を触るとざらざらするものや
拭いても取れない白い汚れが水垢です

鏡の水垢を取るには、鏡を水でぬらし
水で湿らせた柔らかいスポンジに

お風呂用洗剤をスプレーして
一定方向に軽くこすっていきます

それでも落ちない場合は

マイクロファイバーのクロスなどの
目の詰まった布を水で湿らせて

クリームクレンザーを少量つけて軽くこする
仕上げに、水でしっかり洗い流し
乾いた、ぞうきんで水分をふき取る

浴室に発生する黒カビは湿気を好むので
常に乾燥している状態を保つことが大切です

24時間換気をするのが理想です
又は入浴後に水気を拭き取るようにする

最後に
重曹沸騰水の作り方

水1Lを大きめの鍋で沸かす→
重曹の粉大さじ5〜6杯を少しずつ入れる→
重曹が溶け残らないようにかき混ぜる→
火を止め温度が下がるまで時間を置く→
温度が下がったらスプレーボトルに入れる

頑張って掃除して一年の汚れを
落としましょう¦
これからでも遅くない!人生卒業なし!