年越しそば 何故食べるか知っていますか?理由と由来

【年越しそば 何故食べるか知っていますか?理由と由来】

家族一緒に、今年も
無事に過ごせたことに
感謝しながら食べる年越しそば

「年越しそば」や「雑煮」「おせち」などの
年末年始に味わう行事食です

大晦日から元旦にかけての時間
また、その間の行事を「年越し」

「年取り」といい、大晦日の夜に
そばを食べる風習があります
「年越しそば」と呼ぶようになったのは
明治になってからです

なぜ年越しそばを食べるか知っていますか?

年越しそばは英語で
「buckwheat new years eve」

年越しそばを食べる理由

年越しそばは江戸時代中期から
定着した食習慣です

江戸時代中期頃から
江戸市中では毎月の晦日(月末)や

節分にそばを食べる風習がありました

節分とは、立春、立夏、立秋、立冬の
それぞれの前日で
年に4回の節分があり
今は立春の前日だけが主だっています

節分に食べるそばを「節分そば」と言います

一方、大晦日に食べるそばは
「晦日(みそか)そば」「年取りそば」
と呼ばれていました

昔は「数え年」でしたので
正月を迎えると一歳年をとると
されていたことから
「年取り」と呼ばれました

そばは細く長く伸びることから
縁起がいい
寿命を延ばし、家運を伸ばしたい
という願いが込められています

「健康長寿」「家運長命」などの縁起

長生きできるように
お蕎麦のように細く長く
過ごせる事を願って食べられます

そばは切れやすいので
一年の苦労や厄災をきれい
さっぱり切り捨てようと食べる

災厄をすぱっと断ち切る意味

そばによって体内を
清浄にして新年を迎える

今年の不運を切り捨て
来年を幸運で迎えられる様

お蕎麦は切れやすいため
今年の苦労や不運を綺麗に切り捨てて
新しい年を迎える為

そばは「打つ」ものなので
「手打ち」ということで相手を討つ
つまり勝つと言う意味もあります

大晦日、新しい年を迎えるにあたって
悪いものを断ち切り、長寿を願い
幸せを呼ぶ願い
を込めて食べるのが
この「年越しそば」です

金銀細工師は、飛び散った
金銀の粉を集めるときにそば粉を使います

そばは「金を集める」という
縁起で食べるようになった

鎌倉時代、博多の承天寺にて
年末を越せない町人に

「世直しそば」と称してそば餅を振舞うと
その翌年から町人たちに運が向いてきたので

それ以来、大晦日にそばを食べる習慣
になった

来年も無病息災でありますように
蕎麦は風雨にさらされても
日光を浴びると再び元気になります

そのためそばのように何度も
元気に蘇るようにという願いが
込められています

と色々な説があります

中に入っている具にも大切な意味は?

エビ天は長寿のシンボル
油揚げは商売繁盛のシンボル
その具材によって新年への希望を表します

歴史は?

鎌倉時代に博多のお寺で
年を越せない程貧しい人々に「そば餅」
というそば粉で作った餅を振る舞いました

翌年から、そば餅を食べた人々の
運気が上がり
そば餅を食べれば良いことがある
という噂が広がりました

毎年食べられる様になり
それが現在でいう年越しそば
となったと言われています

年越しそばの食べるタイミングは?

一般的には、12月の31日の晩御飯や昼食時
または「除夜の鐘を聞きながら食べる」が多いです

由来から考えるとやはり
「年が明ける前」が良いです

意味や由来を知って食べると必ずいい事があります



これからでも遅くない!人生卒業なし!