初詣のマナーと願い事の仕方 これさえ覚えていたら大丈夫!

【初詣のマナーと願い事の仕方 これさえ覚えていたら大丈夫!】
初詣のお作法!
そもそも初詣ってどんな風習?

日本古来には、「年籠り」
という風習があり

一家の長が新年を平和に暮らせるように
大晦日の夜から元旦の朝にかけて
神社に籠って祈願したそうです

大晦日の夜には「除夜詣」
元旦の朝には「元旦詣」へと
変わっていきました

この時の「元旦詣」が
現在の初詣の原型と言われています

江戸時代末期までは元旦詣では
その年の良い方角にある神社にお参りに行く
(恵方参り)が主流でしたが

明治時代にこのスタイルが廃れて
現代のように好きな神社にお参りに
行くようになったそうです

ポイントを押さえて正しい参拝を

氏神様と菩提寺へのお参りは忘れずに
元日でなくても構いませんが
できれば三が日のうちに行きましょう

注意したいのは、初詣とはそもそも
地域の守り神である氏神様(神社)

自分の家が先祖代々檀家に
なっている菩提寺に行くもの

有名な神社やお寺に行きたいと
思っている人は
初めに氏神様や菩提寺に
お参りしてから行くようにすると良い

現代では神社、お寺との結びつきが
薄れている家も多いので

初詣は好きなところに行くという人が
増えているのも事実です

縁結びや良縁成就など
特にかなえたいお願いがあるなら

その分野でご利益があると
評判の神社に行くのも良い

できれば三が日(1月1日~3日)
遅くとも松の内にお参りすると良い

参拝の前に、参道の脇などにある
清めます

<手水の手順>

1 ひしゃくを右手で持って水を汲んだら
  左手に水をかけて清めます
2.ひしゃくを左手に持ち替え
  右手に水をかけます
3.再び右手でひしゃくを持ち
  少しの水を左の手のひらで受けて口に含み
  静かに軽く口をすすいで出します
  ひしゃくに直接、口をつけてはいけません
4.左手に少し水をかけたら
  ひしゃくを立てて残った水で柄を流し
  元の場所に置きます

神様、仏様への感謝と尊敬を胸に抱いて
お参りしましょう

神社は神聖な場所であり
鳥居は聖域を区切るものです

鳥居のすぐ前まで来たら
一礼してからくぐりましょう

参道の真ん中を歩かないこと
中央は神様が通る道で
「正中」(せいちゅう)と呼ばれます

神様を敬い、人間は左右の端
寄って歩くのがマナー

お清めを済ませてご神前に進んだら
まず会釈をします

お賽銭は神様に捧げるものなので
腕を振り上げて投げるのではなく

手を腰のあたりに下ろした
状態から静かに入れます

5円は「ご縁がありますように」
15円は「十分ご縁がありますように」

25円は「二重にご縁がありますように」
45円は「始終ご縁がありますように」

反対に10円は「遠縁」
になるから避けたほうがいいとも言われます

鈴があれば振って鳴らします

「二礼二拍手一礼」の作法で拝礼します

ただし、出雲大社など「二礼四拍手一礼」
なので、その神社のやり方に従いましょう

一家の代表として家族の分まで
というのはNGです
自分のお参りは自分でするのが基本

いきなり願い事をしていませんでしたか?
まず感謝の言葉を述べましょう

神社でもお寺でも
初詣で願い事をするときは
まず先に自分の名前

住所を述べ所在を明らかにした後で
前年の感謝や報告を述べるようにします

「昨年はありがとうございました」
「無事に新年を迎えられました」

ご利益を祈願するのは、その後です
願い事は一つが基本です

欲張ってあれもこれもと
いくつもお願いしないように
心を込めて一つだけお願いしましょう

お願い事ランキングベスト3

No.1 家族の健康を祈る
No.2 仕事や受験の成功を祈る
No.3 恋愛や結婚の成功を祈る

初詣で願い事を誰かに喋ると
叶わない気がする人もいることでしょう

でも、本当に叶わなくなるのでしょうか?
それは話した相手によるそうです

相手があなたの願い事に対して
負のイメージを口にすれば
邪念が混じるので叶いにくくなるそうです

応援してくれるような相手ならば
むしろプラスに働き
叶いやすくなるそうです

参拝が終わったら
鳥居をくぐりぬけた後
振りかえってもう一度
最後に会釈して退きます

お参りを済ませてから

おみくじを引くのは一度の
参拝で一回のみです

大吉や吉は良い運をとどめるために
持ち帰ると良いとも言われます

お守りはその願いがかなうまで
身に着けていても構わないと
言われています

神社やお寺の厳かな雰囲気を味わい
作法の通りに心に定めた目標

望みをお願いしてみましょう
幸福な一年の始まりにしましょう



これからでも遅くない!人生卒業なし!