2020年成人式で振袖を着る意味は?振袖以外でもいいの?

【成人式で振袖を着る意味は?振袖以外でもいいの?】

成人式は一生に一度です

成人式ではほとんどの女性が
振袖を着て出席するのは
毎年流れるニュースが流れますね

振袖は未婚女性の第一礼装です
正しい意味は?

振袖は
現在では着物を着ることが日常的ではなく
特別な時に着る服装になっています

成人式で振袖を着る意味は?

振袖は体温を逃がすことなどを
目的とした振り八つ口の開いた
子供用の小袖が由来です

もともとは、大人になった証として
男子は17歳頃
女子は19歳頃に袖を短くし
脇をふさぐ風習がありました

成人を祝う通過儀礼を元に
未来を担う若者たちに希望を
持ってもらおうと始まったのが
成人式

法律的に成人となる20歳の時に
第一礼装である振袖をとなりました

大人になったという自覚を持ち
親に感謝の気持ちを伝えるという意味です

成人式の前年は女性の本厄にあたります
本厄は、男女ともに肉体的にも
精神的にも変化が訪れやすい時期です

成人式という人生の門出に
身を清めるという意味
もあります

成人を迎えられたことを
家族全員で祝福し
人生の幸せを祈願します

江戸時代は
女性の袖丈がどんどん長くなっていき
長いものでは120cm以上あり

舞踊において袖丈を長くすることで
美しく見せる為でした

長い袖は恋愛でのサイン
江戸時代には女性から思いを
伝えることは”はしたない”とされ
禁じられていました

現在はバレンタインという風習で
女性から思いを伝えている時代です

踊り子たちは袖の振り方で思いを
伝える仕草を、未婚女性が
真似するようになったと言われています

男性からの求愛に「好き」と
伝える時は振袖を左右に振り

「嫌い」と伝える時には
振袖を前後に振っていました

現在の「ふった」「ふられた」
ここから来ています

袖の長さは3種類あります

「大振袖」は袖の長さが
110センチメートルを超えるもの
一番格式の高い着物です

「中振袖」は袖の長さが
95~100cm前後で、成人式・結納
などにも使われます

「小振袖」は卒業式などでの
袖の長さは二尺(85cm前後)で
「二尺袖」とも言われています
袴に合わせられることが多い着物です

成人式で振袖を着ない場合は何を着るの?

振袖じゃないと出席できないのではと
思ってしまうこともありますが

場合によっては着られない事情とか
そういう人もいるでしょう。
振袖を着られない理由は
それぞれいろいろあるでしょうし

単純にそういう装いが嫌だとか
むしろ訪問着とかのほうが

魅力的と感じたりもする人も
けっこう多いかもしれません

スーツを着て行く選択肢もあります

スーツの場合、既婚か未婚かに
関わらず着ることが出来ます

成人式は一生に一度です

大人になったという自覚を持ち
親に感謝の気持ちを伝えましょう

これからでも遅くない!人生卒業なし!



これからでも遅くない!人生卒業なし!