年賀状の宛名書き 大切なのは宛名の書き方?書き方の注意点は?

【年賀状の宛名書き 大切なのは宛名の書き方?書き方の注意点は?】
恥をかかないための年賀状の宛名書きルールについてです

私も取引先に毎年年賀状を書いています

最近は、新年のご挨拶を年賀状ではなく
SNSやメールですます方が増えています

年賀状は、あなたが出向くかわりに
先方に新年のご挨拶を届けてくれるツール

年賀状を作る際、裏面のデザインや
文面をどうしようかと気にされる方は
多いと思いますが

大切なのは宛名の書き方です

住所ですが、上司や取引先
目上の方には都道府県名から
省略せずに正確に書きましょう

仕事関係の年賀状を出す際は
基本的に連名を使ってはいけません

宛先住所を書く際は
郵便番号と右端をそろえ
宛名よりもやや高い位置から書き始めます

年賀状は縦書きが基本ですから
番地なども漢数字を用いることがいいでしょう

マンション名やビル名は
住所よりも少し小さめの方が
収まりがよくなります

できれば住所は2行以内に収めましょう

相手の名前ですが
中央に住所よりも少し大きめの文字で
書きましょう

誰にでも通用する、万能な敬称が「様」で
夫婦や家族連名の場合は

中央に御主人の姓名に「様」
左に奥様の名前だけを書き「様」をつけます

会社名の場合は「御中」
また株式会社、有限会社は
(株)や(有)などと省略せず
書きましょう

「●●株式会社 ●●部御中」
宛先の部署名の後に「御中」をつけましょう

企業名を添えて社長個人あてに
「様」をつけるのが一般的です

個人あての場合は
会社名や部署名の後に「御中」は
つけません

敬称には「様」のほか、
「殿」が使われることもありますが
「殿」は自分より目下の人に対する
敬称とされていますので

気を付けて使いましょう

注意したいのが、会社などの個人に宛てる場合
社名や部署名、肩書に敬称を付けるのではなく
名前に敬称を付けます

「社長様」「部長様」のように書くのは誤りです

会社の部署などに宛てるときは
部署名のみに「御中」を付けるのがマナーです

日本語は縦書きが基本ですから
宛名も縦書きの方が好ましいとされています

とくに決まりがあるわけではありませんが
伝統やしきたりを重んじている年配者や
取引先への年賀状は、縦書きで書きましょう

近年では、宛名を横書きする
人も増えてきましたが
正式には年賀状の宛名は
縦書きするのがマナーです

差出人である自分の郵便番号、住所と氏名は?

裏面、表面のどちらに入れてもよい
宛名や相手先の住所の表記よりも
小さな字にすることがポイント
です

自分の情報を相手よりも
小さめの文字で
低い位置に書くことによって

相手に対してへりくだる
姿勢を示すためです

書き間違えてしまった場合は
新しいハガキに最初から書き直しましょう

書き損じたハガキは郵便局に持参すれば
手数料を負担するだけで新しいハガキと
交換してもらうことができます

年賀状は、あなたが出向くかわりに
先方に新年のご挨拶を届けてくれるツール

年賀状を出しましょう¦


これからでも遅くない!人生卒業なし!