お正月 お年玉の金額 世間の相場は?いくらが妥当か?

【お正月 お年玉の金額 世間の相場は?いくらが妥当か?】

お年玉の相場は
状況によって変わります

他の家庭はどれくらいあげているのかな?
自分はいくらあげたらいいのだろう?

と悩みますよね

3歳の姪にあげるお年玉と
高校生の孫にあげるお年玉では
金額はやはり違います

相場はあくまで一応の基準に
すぎませんので、臨機応変に
対応してください

あくまで目安にすぎませんが
参考になれば幸いです

お年玉の金額は、自分の子どもに
あげる場合は自分で決められますが

そうでない場合もあります
お年玉をあげる子どもの親や
周囲の人に「いくらが妥当か?」
聞くのが一番です

お正月のお年玉は子どもにとって
大変嬉しいイベントです

大人としては、子どもの嬉しいイベントは
大切にしてあげたいもの

毎年のお年玉は、あげる側ももらう側も
気持ちよくありたいもの

一応の基準です

小学校入学前の子供に渡すお年玉は
一律500円と考えておいて大丈夫です

0歳~3歳までの子供に渡すお年玉の相場は

平均して500円ほどと
言われています

3歳くらいまでの子供は
お金の概念をまだ理解していないことが
多いので、お年玉の代わりに

好きなおもちゃやお菓子を
あげる人もいるようです

0歳~6歳までの子供に渡すお年玉の相場は

兄弟・姉妹の歳が離れており
兄や姉は社会人
弟や妹は小学生未満といった場合は
500円~1,000円を包む場合が多いようです

祖父母は年齢に関わらず
全員5,000円~数万円あげている場合
もあります

友人や近所の子どもにも1,000円前後ですが
お互いに500円の場合もあるようです

お金の概念を理解し始める
4歳~6歳の子供の場合

お年玉の相場は平均して
1,000円ほどになっています

この年代の子供は紙幣よりも
お金として理解しやすい硬貨の方を
貰って喜ぶ傾向があります

6歳までの子供には、一律して500円玉を
お年玉として渡して
プラスおもちゃを渡す人が多いみたいです

小学校低学年(1年生から3年生)までの子供に渡すお年玉の相場は

1,000円は渡す人が多いようです
まず、子どもの親にいくら包むか
相談すべきですが

それでも分からないときは
2,000円から3,000円ほど入れると無難です

3,000円は数字的にキリも良く感じるためか
「小学生は3,000円」と決めている人
が多いようです

きっちり考える人は
小学校に上がった子供に渡すお年玉は
「学年×1,000円」が多いようです

理解する年ごろなので
”昨年よりも多い金額”ということで
素直に喜んでくれるみたいです

ただ、マナーがあって
上司の子供に”お年玉”をあげるのは
失礼にあたります

お金そのものではなく図書カードや
おもちゃを渡すと良いとされています

また、
「4」や「9」の数字が新年に
出てくることを嫌う人もいます

気になる人は「3,000円+図書カード」
にするといいでしょう

日本では、ご祝儀には
“使用されていない新札”
を用意する人が多いです

小学校高学年(4年生から6年生)までの子供に渡すお年玉の相場は

小学校低学年よりもやや
高めの場合が多いです
低学年同様「3,000円」という家庭も多数です

低学年も高学年もなく
小学生の間は5,000円と決めている親も多いです
家庭によってかなり金額に差が
あるのが実情です

叔父や叔母、年の離れたいとこなどは
3,000円ほど包むことが多いです

中学生までの子供に渡すお年玉の相場は

5,000円の人が多数です
祖父母からは1万円以上もらう
子どもが増える年齢ですが

3,000円や5,000円といった
金額の場合もあります

高校生までの子供に渡すお年玉の相場は

5,000円から1万円といった
金額が多いようです

祖父母からは参考書を贈ったり
3万円といった高額のお年玉を
もらう子どももいます

「高校生までしかお年玉はあげない」と
決めている人も多いので、最後は奮発して
多めに包む人もいます

ところでいつまであげるの?

高校生まで、あるいは成人するまで
(19歳)と決めている家庭が多いみたいです

お年玉をあげる期間は明確には
決まっていません

ポチ袋は
名前を書く場合はポチ袋の表にあげる人の
名前、裏に自分の名前を書きます

毎年成長していく姿を
見るのはうれしいものです

新年の挨拶と共にお年玉を渡し
子供たちの健やかな成長を
見届けていきましょう



これからでも遅くない!人生卒業なし!

これからでも遅くない!人生卒業なし!