2020年(令和2年)の節分の日 何故節分の日に豆をまくの?

【2020年(令和2年)の節分の日 何故節分の日に豆をまくの?】
2020年(令和2年)の節分の日はいつ?

2020年の節分の日は『2月3日』です

節分は、立春の前の日です
節分の日にちは「立春の前日」
定まっており

立春は年によって日にちが変化します

立春とは、立夏・立秋・立冬・春分
夏至・秋分・冬至…など
1年を24等分して表す季節“二十四節気”
のうちの一つです

以前は、年に4回「節分」があったと
言われています

それが年を重ねていくうちに
だんだんと立春の
前の日の節分だけが残るように
なりました

なぜ立春前の節分が残ったの?

立春は二十四節気の第一節気
四季の始まりの日

四季(春夏秋冬)を一年として考えると
立春はお正月、その前日である節分は大晦日
にあたるからです

立春は古い暦では、1年の始まりと
されて最も大切な日

立春の日はその年の太陽の動き
(角度)によって変わります

二十四節気の日にちは地球と
太陽の位置関係によって決まりますが

公転周期が365.24…と1年の日数と
ズレたりすることから
1年後の同じ日でも地球と
太陽の位置も若干ズレます

2021年はまさにそうで、2月2日です

節分とはそもそもどのような意味
何故節分の日に豆をまくのでしょうか?

漢字から「節を分ける」と書いてあり
昔は『せち分かれ』と言われていました

「節」とは「季節」のことです

節分は春を迎える立春の前日であり
季節の分かれ目と意味があります

昔は冬から春になるのを新たな1年と捉えて
今で言う『大晦日』のような
意味合いがありました

季節の変わり目には邪気が
入りやすいとされ

新たな1年の前に邪気を払うために
色々な行事が昔から行われており
その一つが豆まきです

豆まきの由来は?

豆は「穀物の精霊が宿っている」として
神聖なものと見られていたので

豆まきだけでなく
神事にもよく使われていました

魔を滅するという『魔滅(まめ)』
という漢字が当てられ

豆をまくことで鬼を追い払う
(魔を滅する)という風に言われ

中国からの風習が伝わってきたようです

それ以外に、昔京都に鬼が現れた時に
毘沙門天のお告げで豆をまいて鬼を退治
した
という逸話もあります

大豆を投げる意味は?

大豆は悪い気を追い払うものとして
昔から考えられていました

神様に五穀豊穣のお願いをするとき
そのほかに神様へのお願い事を

するときには、米や大豆などを
捧げるようになっています

パワーを秘めたものなら
鬼を退治できるだろうということだと思います

大豆とは神聖なものという考え
あったようです

炒った大豆が良い理由は?

生の豆を投げると、投げた後に拾い忘れた
豆から芽(目)が出るのが
縁起が良くない
と言われているからです

豆を炒るは「魔目を射る」という意味も
あります

鬼に豆を投げる理由は?

平安時代に、宮中の年中行事の一つに
「追儺(ついな)」と言われている行事があり

季節の変わり目には悪い気が溜まっていて
そのまま新しい季節を迎えることは

良くないから、悪い気を払ってしまおうという
行事でした

1つの季節の間に少しずつたまっていった
邪気が払われないでいると

次の季節に悪いことが
起きる
といわれていました

昔から悪い気のように形のないもの
見えないものはすべて『鬼』

仕業とされていて

鬼(悪い気)を払って新しい季節を
迎えるという方法として

室町時代になると鬼を払うのに
豆まきをするようになり

その少し後に「鬼は外、福は内」
呼ばれるようになりました

現在のような節分となったのは
江戸時代の頃からと言われています

平安時代以前から邪気に対しての
恐怖感が強かったため
この節分の日にも鬼が来ると
用心していたようです

豆まきのやり方は?

豆まきは夜に行います
悪い鬼は夜に来ると言われているからです

家の中の悪いものを追い出すために
部屋中の窓を開けましょう

一番奥の部屋から初めて
最後に玄関にたどり着くようにします

「鬼は外」といって豆まきをしたら
窓を締めて
「福は内」といって部屋の中に
豆まきをします

最後に玄関から外に向かって
「鬼は外」
をして
家の中の悪い気を全て追い出して完了です

豆をまくのは誰?

豆をまくのは、一家の大黒柱
やはり、豆をまくのがその家の
『主人』の役割です

もしくは年女・年男・厄年の人がすると
縁起が良いと言われています

そして豆まきが終わったら、
まいた豆を 自分の年齢より
1つ多く拾って食べましょう

1つ多く食べるのは、「新年の厄払い」の意味です

福豆を食べることで、『“福”を体に入れる』
『健康を願う』という意味です

「恵方巻」と一本丸かじりする意味は?

「恵方巻(えほうまき)」は
陰陽道でその年の干支によって定められた

最も良いとされる方角「恵方(えほう)」にいる
「歳徳神(としとくじん)」に
に向かって巻き寿司を食べます

目を閉じて願い事を思い浮かべ
無言で食べるのが「恵方巻」の正しい食べ方です

切らずに一本丸ごと食べるのは
「縁を切らない」という意味です

具にも意味があり、七福神にちなんで
7つの具を入れて巻くことで「福を巻き込む」
願いが込められています

これからでも遅くない!人生卒業なし!