2020年 日本の行事食とされている七草粥 疑問をスッキリ解決!

【2020年 日本の行事食とされている七草粥 疑問をスッキリ解決! 】

七草粥の種類や七草粥をいつ
食べれば良いのかご存知ですか?

疑問をスッキリ解決!します

七草粥はいつ食べればいいの?

七草粥は主に、1月7日の日の
節句である朝に食べられます

2020年の1月7日は火曜日です

1月7日は「人日の節句」と
呼ばれている日

1月7日は松の内の期間が終わって
七草粥を食べて「一年の豊作」
「無病息災を願う」という風習があります

地方によっては1月15日や
16日に食べる地域もあるようです

七草の節句ともいい
「人日・上巳・端午・七夕・重陽」
とある五節句のうちの1つです

七草粥は正月の時期の飲み食い
疲れが出はじめた胃腸の

回復を補ってくれる食べ物
として、とても身体に
優しい食べ物とされています

七草粥の由来や意味は?

もともと中国では1月7日に邪気を払って
一年間の無病息災の祈りを込めて
7種類の野菜が入っている

「七種菜羹(しちしゅさいこう)」という
お吸い物を食べる習慣があったようです

日本での七草粥の始まりは
平安時代に始まり
鎌倉・室町時代へ
と続いていきました

平安から鎌倉時代にかけては
七草を粥ではなく
七草汁として親しまれていました

室町時代になってから七草粥
作られるようになったといわれています

七草粥は体にいい成分がたっぷり?そして効能は?

日本では一年のはじめに
野に出て芽吹いた若菜を
摘み取る若菜摘みという習慣もありました

七草粥に使われている七草には
体に有効な成分が多く含まれています

春の七草:セリ

鉄分が多く含まれているため
血を増やしてくれる効果を
期待することができます

高血圧とか貧血や風邪
冷え性とかリウマチなどの症状の
緩和にも効果があると言われています

競り合うように生えているという理由から
「競り勝つ」という意味が込められていま

春の七草:ナズナ

ぺんぺん草のことです
熱を下げる解熱効果とか利尿作用
あると言われています

血圧を下げてくれたり
高血圧の予防をしたり動脈硬化の
予防もしてくれます

花の下についている果物の形が
三味線のばちに似ていることが
理由として

「なでて汚れをはらう」
という意味が込められています

カルシウムやカロテンが多いことから
風邪予防に良いとされています

春の七草:ハコベラ

ハコベラにはタンパク質
多く含まれていて
ミネラルなども入っていて
栄養が優れています

昔から民間では薬草として
使われてきているものです

葉とか茎には鎮痛作用があると言われていて
軟膏にして皮膚炎などに使っていて

ハコベラには胃腸の疲れを
とってくれたり
口臭を予防してくれる効果もあります

「仏体」とう意味が込められています
咳や痰、咳止めの効果が
あるとされています

春の七草:ゴギョウ

「繁栄がはびこる」という意味が
込められています

腹痛薬の効果もあり、女性には
うれしいむくみ改善の効果も
あるとされています

春の七草:ホトケノザ

仏の座は、別名小鬼田平子
(コオニタビラコ)ともいわれていて

高血圧の予防とか整腸作用とか
解熱や解毒の効果が期待されています

菘には利尿作用がありますし
便秘にも効果があり便秘体質の人には
特におすすめです

便秘以外にも、胃炎や胃潰瘍にも
効果があると言われているようです

名前を聞くだけでも縁起の
良さそうなホトケノザ
「仏の安座」という意味が
込められています

春の七草:スズナ

スズナとは普段私たちが
食しているカブのことをいいます

「神様を呼ぶ鈴」という意味が
込められています

カロテンやビタミンCが豊富
含まれており、シミやそばかすに
良いとされています

ハコベラと同じく腹痛薬ともいわれています

春の七草:スズシロ

すずしろには、便秘解消とか
消化促進を期待できると言われています

美肌効果やひび、あかぎれ予防
効果があるとされており
お肌にはとっても優しい
食材とされています

主に大根の事をいいます
その大根の根が「汚れのない純白さ」
表していることが理由とされ

スズシロと呼ばれるようになったと
いわれています

なぜ七草粥を食べるのか
いつ食べるものなのか
その理由や由来と
疑問をスッキリ解決できたでしょうか?

七草粥も意味を知ることで
また一段と味わって
食べることができると思います

これからでも遅くない!人生卒業なし!