電話で「もしもし」を2回繰り返す理由 意外な発見!

【電話で「もしもし」を2回繰り返す理由 意外な発見!】
どうして電話でもしもしというの?

日本で最初に電話が開通したのが
およそ100年ほど前です

1890年に、東京と横浜の間に
開通したのが最初です

電話で話し始めるときに
これから話をしますよという意味で

最初に「今から話しますけど聞こえていますか~」
という用途です

「申します、申します(申す、申す)」
言っていたのが
「もしもし」に変わっていきました

なぜ「もしもし」は2回繰り返すのか?

電話が開通した当初は
相手に声がきちんと届いているか
確認する意味で

この最初の確認作業で念押しするため
2回繰り返していたという説も
あります

今でこそ誰とでもすぐに音質の
声で電話ができますが

良昔の電話は今と比べるとかなり
性能が悪く、声があまり

聞き取れなかったため
話し始める前に何か言葉が必要でした

又、当時は、掛ける方と受ける方の
2つの回線を繋ぐために
間に交換手を挟んでいました

受話器を廻して電話局の
交換手を呼び出します

そして話したい相手の
電話番号を伝えます

「もしもし」は、交換手が繋ぐ
相手に対して失礼にならないよう

「これから申しあげますよ」
という意味で「申します申します」
言っていた言葉が変化しました

しかし、当時の電話はかなりお金持ち
人しかもてませんでした

電話ができたころは
人をよぶのに「もし」
あるいは「もしもし」という言葉を
よく使っていました

その当時の言い方が
電話の言葉だけ残っています

ビジネスでは「もしもし」がマナー違反?

ビジネスではマナー違反になります
「申します申します」が短縮された言葉

言葉を省略するのは相手に
対して失礼に当たります

ビジネスではマナーでは
「お世話になっております」や
「恐れ入ります」
です

普段何気なく使っている言葉も
調べてみると意外な
発見があるかもしれません

これからでも遅くない!人生卒業なし!