2020年立春の意味・春の始まりを意味する節気【二十四節気の一つ】 

左側のコンテンツ40%

右側のコンテンツ60%

立春の意味 春の始まりを意味する節気【二十四節気の一つ】
立春とは?

立春というのは、二十四節気の一つです
二十四節気というのは
1年(約365日)を24等分にして

季節の名称が付けられたもの
24個あるうちの一番目で

冬至と春分のちょうど中間が
「立春」と定められています

二十四節気(にじゅうしせっき)の1つで
春の始まりを意味する節気です

1年で最も昼の短い日である冬至と
昼と夜の長さが同じ日である

春分の中間として
できたのが立春です

2020年の立春は2月4日です

「立」は中国語で「始まる」
という意味です

二十四節気とは古代中国で作られた暦で
日本では平安時代から使われています

1年を24等分し
それぞれに名前を付けたものです

太陽の位置を表す黄経で315度の時を言い
この「太陰」というのは月のことで
月の運行を基準にしています

月の満ち欠けは約29.5日で1周するので
29日の月と30日の月を交互に入れた場合

1年を12か月とすると
約354日になってしまい

そのままだと毎年実際の
季節とずれが生じます

そのため閏月を入れて1年の
季節感を調整しています

月の運行を基準としながらも
この調整があるものを「太陰太陽暦」
言います

新暦では2月4日~5日頃
年によって変わります

日本ではまだ厳しい寒さのまっただなか
寒中見舞いの葉書も立春の前日までは
出すことができます

又、立春は、その日一日だけが
立春と呼ばれることもありますが

2月4日頃次の二十四節気の「雨水」
(2月18日頃)の前日までの期間
立春と呼ぶこともあります

春の節気は立春(りっしゅん)、雨水(うすい)、啓蟄(けいちつ)
春分(しゅんぶん)、清明(せいめい)、穀雨(こくう)

となっており、立春は春の最初の節気です

立春から立夏(5月5日頃)
の前日まで
が、春となります

春に吹く風で「春一番」がありますが
「立春から春分までの間に吹く」
というのも春一番の条件の
ひとつになっています

節分というのは、季節が変わる
分かれ目のことで
実は本来年に4回あります

二十四節気のうちの
「立春」「立夏」「立秋」「立冬」

それぞれの季節が始まる日となっていて
その前日が季節の分かれ目の節分の日
となります

「福は内、鬼は外」と言って
煎った大豆をまいて
歳の数の豆を食べ、厄除けを行います

太い巻き寿司を食べる「恵方巻」
食べます

立春大吉とは?

立春大吉とは、縦書きにしてみると左右対称です
そのまま見ても、裏返してみても
同じように立春大吉と書いてあるように見えます

かつて鬼が立春大吉のお札が
貼ってある門から入ってきて
鬼が振り返ると、

再び立春大吉と書かれている
お札が貼ってあるので

まだ門に入っていなかったと
勘違いして門から出ていった
という話が伝わっています

こうしたことから厄除けの
お札
として使われています

一年の厄払いに節分に豆をまき
一年の初めに立春大吉の
お札を貼って、厄除けをしましょう

これからでも遅くない!人生卒業なし!