国民の休日「建国記念の日」2020年(2月11日)深い意味を知っていますか?

【国民の休日「建国記念の日」2020年(2月11日)深い意味を知っていますか?】

2月11日が国民の祝日と
決められたのは1966(昭和41)年のこと

長い歴史のある祝日ではない
深〜い意味は?

「建国記念の日」が制定された経緯

国民の祝日は、1948(昭和23)年
施行されました

「国民の祝日に関する法律」で定められます
「建国記念の日」は、建国をしのび
国を愛する心を養う日として

1966(昭和41)年に定められました
2月11日という日付は
初代天皇とされる神武天皇の
即位日
である【旧暦】

この日本国の出発点とされた日を
明治政府は長い歴史の中の

いったいどこに求めたかといえば
初代天皇・神武天皇が即位した日
定めました

神武天皇とは、伊勢神宮の神さま
天照大神の5代後の子孫(来孫/ひ孫の孫)で、
先祖が降臨したとされる土地

日向高千穂から大和へ向けて東征し
全国制覇
をした
という神話が「古事記」や「日本書紀」
で語られています

紀元前660年1月1日にあたり
明治に入って【新暦】に
換算した日付というわけです

神武天皇が即位した日が
旧暦の紀元前660年1月1日
日本書紀にあり

法令施行した年の旧暦1月1日に
あたる日が2月11日であったことから
この日が「紀元節」となりました

明治時代には、「紀元節」
呼ばれる建国を祝う祝日がありました

第二次世界大戦後の1948(昭和23)年
紀元節を認めることで
天皇を中心として日本人の
団結力が高まるのではないか

というGHQの懸念により「紀元節」は
廃止されることになりました

国民の間で「紀元節」
復活の動きが高まったものの

9回の議案提出&廃案を経て
1966(昭和41)年にようやく

「建国記念の日」
国民の祝日に追加されることに
なりました

「記念日」ではなく、「記念“の”日」とする理由は?

成立までに時間がかかった背景には
「紀元節」の復活に意義を
唱える野党等からの反発

現在の歴史学では神武天皇の
存在に確証がなく

正確な起源が分かっていないのに
建国記念日など定められない
とする学者からの意見が多くあったからです

最終的に、史実に基づく
建国された日とは関係なく

たんに建国されたという事実を
お祝いするという考えのもと
「記念日」ではなく「記念の日」となりました

2月11日は全国のほとんどの神社で
建国記念の日を祝います

祀られている神さまの大半が
日本の建国に携わっているためです

伊勢神宮はもちろん
国譲りをした出雲大社でも
祈念式は行われています

祖先を大事に思う気持ちだけは
今も日本書紀が書かれた時代も
少しも変わらない

これからでも遅くない!人生卒業なし!