春分とは?【2020年】はいつ?どういう意味?春分の日の決め方は?

【春分(しゅんぶん)とは?どういう意味?春分の日の決め方は?】
春分とはどういう意味?

毎年3月20日頃
「春分(しゅんぶん)」です

二十四節気の一つで4番目です
春分の前は「啓蟄」
春分の後ろは「清明」

春分は次の清明(毎年4月4日頃)の
前日まで
を春分です

「春分(しゅんぶん)」の日は
「自然をたたえ、生物をいつくしむ」
戦後、国民の祝日に関する法律で
定められています

「春分日」と定められています
毎年決まった日が春分の日はありません

春分の分とは、分点のこと
「天の赤道」と「黄道」
交差する点の事で、2点で交わっています

分点は2つあって春に通過する
分点を春分点と言います

春分点を、通過した瞬間の日が
(3月20日頃)
春分日(しゅんぶんび)と呼びます

春分の日の決め方は?

「国民の祝日に関する法律」
「春分日」が祝日です

3月20頃が春分の日となりますが
毎年2月になると、国立天文台が
翌年の春分の日を定め官報で公表します

太陽の動きを見て、毎年翌年の
春分日が決められます
春分の日が月曜で祝日の時もあります

春分の日は日本では実際には昼の方が
14分ほど長いようです

<

img src=”https://sevenhandles.com/wp-content/uploads/2019/12/images-39.jpg” alt=”” width=”300″ height=”168″ class=”alignnone size-full wp-image-3991″ />

太陽の位置が大気の屈折によって
太陽が実際よりも上に見えるのが原因の一つで

屈折により日の出が早く見え
日の入りが遅く見えるようです

春分とお彼岸は?

お彼岸とは、春分の日を中日として
その前後、3日間を合わせた合計7日間です

極楽浄土は西方?

春分の日には太陽は真西に沈むため
その太陽を礼拝して
思いをはせたのが始まり

「暑さ寒さも彼岸まで」
お彼岸を過ぎると次第に和らいできます

春分を過ぎたことで
昼の時間が徐々に長くなっていきます

これからでも遅くない!人生卒業なし!