穀雨 (こくう)2020年はいつ?(二十四節気)旬を迎える食べ物は?

【清明の後ろは「穀雨」(こくう)二十四節気の6番目の節気】
穀雨(こくう)どんな意味?

穀雨は、二十四節気のうちの6番目の季節

日付としての2020年の穀雨は
4月19日
期間としての2020年の穀雨は
4月19日~5月4日まで

雨が百種の穀物を生じさせる時期
春雨が降って百穀を潤す頃という意味です

太陽の位置を表す黄経で30度の時で

穀雨を迎えると気温は急速に上昇し
寒気が訪れることはなく
雨が降る日も増えます

穀物を育てるには絶好の気候
雨生百穀(雨が百種の穀物を生じさせる)

「穀雨」という言葉が生まれました
穀雨の頃には南から水蒸気を多く含んだ
空気が流れ込むようになり

低気圧が通過するときには
まとまった雨が降るため

田畑を潤して農作物の
新芽を盛んに成長します

春の雨が降る頃なので、田んぼや畑では
種まきを始めるのに良い時期です

春の雨が降って田畑を
潤してくれる季節と言う意味で

4月20日頃からの15日間を
穀雨と名付けました

旬を迎える食べ物は?

よもぎ
よもぎ餅などに使われるよもぎは
3月から5月ごろに春は迎えます

ハーブの女王といわれるほど
栄養価が高い野菜です
天麩羅にすると美味しいです

こごみ
春になると、様々な山菜が
春を迎える中で4月から5月頃には
こごみが旬を迎えます

濃い緑色をしており
形はぜんまいとよく似ています

アクがあまりないので
アク抜きをせずに調理できます

新ごぼう
普通のごぼうよりも柔らかい
新ごぼうは、秋に植えられたものを
成長段階で収穫したものです

通常のごぼうよりも収穫が早いので
柔らかくて色も薄く
きんぴらにすると美味しいです

これからでも遅くない!人生卒業なし!