春の全国火災予防運動3月7日は消防記念日

【春の全国火災予防運動3月7日は消防記念日】

毎年3月7日は消防記念日です
消防記念日を含む1週間は
「春の全国火災予防運動」の期間です

私も会社では防火管理者をしています

消防記念日の由来は?

昭和23年(1948年)3月7日
消防組織法が施行

各市町村に消防本部・消防署
消防団を設置することが義務付けられました

消防組織法とは

消防の責任が市区町村といった
自治体ごとにある、消防に携わる
規律などが規定された法律です

消防記念日は

消防組織法の施行から2年後の
昭和25年(1950年)
人々に消防や防火についての理解を
深めてもらうことを目的としています

消防記念日にどんな催しが行われているか?

消防活動によって殉職された方への
黙祷や、消防・防火活動に
貢献した人への
特別功労賞や消防行政特別努力賞の授与です

その他に、一斉放水など
消火活動の実演や消防車への搭乗体験
消防音楽隊による演奏などがあります

火災対策は大丈夫ですか?

春先は急な気温低下による乾燥や

強風によって、火災が
起こりやすい季節です

自宅の火災対策を見直してみましょう!

火災から身を守るためには
「早期発見」が重要な鍵です

火災が起きている部屋から
離れている場合や就寝中などには

煙・音・異臭などの
異変に気づきにくいです

逃げ遅れを防ぐことを目的として
火災報知機の設置が義務付けられました

火災報知器、定期点検やお手入れ
定期的にお手入れと動作確認を
しっかりとするようにしましょう!

初期消火には消火器が効果的

一家に一本は消火器
消火器は初期消火の際には
とても役立ちます

小さな火災も時間経過によって
徐々に拡大してしまうため

被害を最小限にとどめるためにも
消火器が一家に一本は
置いておきたいですね

「消火器」と言っても種類があります

油による火災の際には
水系消火器ではなくて
粉末系消火器を使用する

火災の種類に適した消火器を
使用するようにしましょう

1997年以降、「放火」は出火原因の1位です

家の外に照明を設置して
夜間の見通しをよくする

車庫や物置などにはしっかりと
鍵をかけて、不審者の侵入を防ぐ

ごみは収集日の朝に集積場に出し
家の周りに可燃物を置かないようにする

地域住民で声を掛けあって
放火予防に対する意識を高める

放火による火災は、人目に付きにくく
誰でも自由に出入りすることができる

場所であったり、可燃物が
置かれているような場所で発生します

ご近所同士で声を掛けあいながら
放火を防ぐ環境をつくりましょう!

これからでも遅くない!人生卒業なし!