「生きたお金の使い方」何を得るために、お金を使うのか

【「生きたお金の使い方」何を得るために、お金を使うのか】

必要なものを得るために「生きたお金の使い方」

先日、生きたお金ってどういう事ですか?
と質問されました

私なりの解釈です

何かを手にいれるためにお金が必要
究極的には、みんな自由を得たいから

生きたお金の使い方の理想的なスタイル
自分の自由のためにお金を投じるということ

生きたお金とは?

「命あるものを幸せにする事」

自分を磨く為に使うのは
良いお金の使い方です

思考もポジティブになり
夢や希望も持ちやすくなります
自分の夢を叶える為にお金を使う

自分に「自信」や「能力」
身につけるための自己投資する

人生の経験値は確実に増えます
夢に向かって努力する

健康食品やジム、無農薬野菜等の購入
自分の身体を良好に保つ為の支出です
自己効力感も高まります

生きたお金とは、一般的に
新たな価値を生み出すお金

資格を取得し将来のキャリアに
株式投資を行い将来リターン

人のために使うお金として

仕送りをして家庭を助ける費用
子供の成長のために使う食費や学費
友人との交流費や、恋人との交際費

一緒にいて楽しい人や自分が
楽しいと思えることにお金を使う

「あなたが生きていく上でプラスとなるお金」

逆に、死に金は、生きていく上であまり
プラスにならないお金

生活をしていく中で不要なお金の使い方

自分自身の今後や将来に役に
立つとは言えない

ストレスを解消させる為に
お酒を飲んだりやけ食いをする

いわゆる余計な費用です
人それぞれ、意味合いが変わってきます

生き金に対しては躊躇せず支払い
死に金は極力出費を抑え貯金に回していく
しっかりと見極めていくことが重要

稼ぐ力を見につける
お金があっても好きなことが
できなければ不幸せです
人は好きなことをやっているときが自由です

好きなことをしている中でお金を
稼いでいくことが大切です

好きなことからお金を
生む仕組みをつくること

自分に投資することで
人生を明るくできる

生きるために必要なお金
(食費や光熱費)
公的に必要なお金
(税金や公共料金)
自分の楽しみに使うお金

自分がどんどん成長でき
人生はどんどん変化していきます

考え方や生き方が変わってきます
生きたお金の使い方が
できるようになりましょう!

これからでも遅くない!人生卒業なし!