人は前向きに考えるか 後ろ向きで考えるかで変わります

人は前向きに考えるか
後ろ向きで考えるかで変わります

どんな状況になっても、前向きに
考えましょう!

売上の分析については
“分析をすること自体”が
目的になっていませんか?

いくら分析しても、なにも変わりません
大切なのは、“分析した結果を基にして

自分の行動を変えること”が大事です

それができなければ、いくら分析
をしても意味がありません

また、分析をする際には
「売り上げが上がったこと」ではなく

『なぜ売り上げが上がったか』
お客様がどのように知ったか?

認知経路はなにか?
お客様がどういう動機で来店したのか?、
等を分析しなければなりません

売り上げが上がった“後ろ”を分析して
「良かった」ではなく

なぜ上がったか?の
“前”を分析することが肝心です

コロナで売り上げが下がった場合は
何故、下がったか?
対策は?

ヒット商品を考える

他の業界でうまくいっていること=常識
自社の業界に切り替えて考える

初めにマネをすることを非常識といいます
非常識とは非常識なことをやるのではなく
他の業界の常識を自分の業界でマネをする

その非常識は、他の業界で実績が出ているので
まず、そのままマネをする

3年間マネをし続けると
それは“オリジナル”になります

原因と結果の法則について

原因を変えないと結果は変わらない
潜在能力は、どんな人にも
眠っている最も強力なパワーです

行動・自信を与えてくれ
無意識のうちにチャンスを捕まえます

「これがチャンスかどうか」がわからない

野球でいうなら
ボールが飛んできたら目をつぶ って
バットを振ってみる

そうすると間違って当たることもあります
振らなければ当たりません

考えていてはダメで
まずアクションを起こす

貯金ができないのは?
前から準備をしていないとつかめない

一度つかむと次々に回ってくる
一度逃すとなかなか回ってこない

問題意識をもたないと
つかめないのがチャンスかも知れません

会社の利益に貢献できるのは
実務の人をおいて他にありません

ムリ・ムラ・ムダがないかの
効率上げる方法の提案を
出来るのもあなたです

満足・不満足とは
期待と結果の差異があるかないか

あまり期待が高くないときに
期待以上の結果がある時
満足と感じます

不快な思いをすると
消す事ができない心に刻み込まれます
基準は、常に一定でなく、変化していきます

何かをしようとした時
プラスの面とマイナスの面があると
マイナスの面のほうが気になります

新しい分野へのチャレンジにおいても
必ず失うものがあります

でも、得られるものほうが多い

やってみてダメだったらやり直せば良い

失敗をおそれて着手しない
それが最大!の失敗

マイナス面が多い人は
何かにつけて言い訳します

リーダーは自ら率先しましょう
自らが手本となり、引っ張っていきましょう
全てのお客様に敬意を払い

他人の幸福を自分の幸福と
感じる人になりましょう

自分を客観的に知り
適切冷静に処理を
行える人になりましょう

心を豊かに成長し
どんな時でも笑顔で
心が広い人になりましょう

思いやりと、喜びを知り
優しく感謝の心で幸せを知りましょう

心のコップは、権力や力ずくでは
上は向きません

この人の為ならって言われる
存在になりましょう

相手を変えるには
イライラするのではなく
自分が変わろうとワクワクしましょう

シュシュウェディングHP

トップページ

シュシュFacebook
https://www.facebook.com/%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0-%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%B7%E3%83%A5-679792415401996/?__tn__=%2Cd%3C-R&eid=ARB641Z78sk1WZjJXFXIa7mn0STC_Y8iaCzF_bJIHXktb1zFP-nPDpredXnjSktp1R0d4jinn-UcujJD