組織を動かす3ヶ条・人財になる為の3ステップ

組織を動かす3ヶ条


 

1つ目は指導力です

部下と共に協力を得て仕事を
する為の人間関係が必要です
又、何の為か明確に示さないといけない

2つ目は統率力です

自分が喜んで、自信に溢れ
笑顔の人、魅力のある人間力が必要です
この人の言う事に間違いはないと
思われる人財になれです

笑顔のない人
元気のない人をなくしましょう

3つ目は管理力です

人・物・金・時間を適切に運用し
業務の効率化を促進しましょう

計数によって
営業成績や活動の結果をつかみ
計数的に目標を決め

計数的な結果の反省を目標に
反映させていきましょう

人財になる為の3ステップです

1つ目は社会人としての仕事の習慣
(挨拶・礼儀・時間厳守)についてです

挨拶をされてイヤな人は居ません
挨拶をされれば、誰でもみなうれしい。

でも、うれしいことをヒト(他人)にはしません。
「挨拶をする」「人を誉める」のは
タダです

コミュニケーションをよくするための
一番重要なことです

挨拶は相手より先に元気よく
明るく大きな声でするものです

相手が立っていたら自分も立って
座っていたらかがんで目線を合わせる

皆が楽しく働く為に《礼儀》
任下関係の基本です

決められた時間の5分前行動

2つ目はデキル社員のクセづけ

(素直・プラス発想・長所)

会社でいうと、会社の欠点を直したり
クレームを0(ゼロ)にすると業績が
上がるかというと
実は、上がりません

その会社の“良いところ”
伸ばせば上がるのですが

良いところというのは
当たり前なので、気づけない

会社でも部下でも
常に“良いところ”を見つけ
そこを伸ばしてあげるほうが

欠点を直すよりも、成績が上ります
ほめることによって特徴が引きだされます

ほめられた人は、うぬぼ れるより
期待に応えようとの意欲を強く抱きます

3つ目は本物の人財になるクセ

(1番化・儲けグセ)をつけましょう

一流のビジネスパーソンは
自分の仕事の見える化です

一歩踏み出す行動が相手に響きます
能力があるかどうかは
早く取り組むかどうか、スピードです

「報告が速い」のは
能力があるからです

「あとで報告」は
必ず忘れます

まず最初に報告をし
次に「中間報告」
あるいは「確認の報告」
しなければなりません

毎日5分ずつ主だった事を報告するなど
こまめに報告をするのが優秀な人です

上司への報告は面倒くさいのに
なんのために報告をするのでしょう

報告の一番の目的は
“自分の手柄を上司に
認めさせる”こと
なのです

上司は、部下のやっていることを
わかっているようで
実はわかっていません

だから、“数字をつけて”
“前年や前月との差を見せて”

自分はこんなに
頑張ったと認めさせるのです

シュシュウェディングHP

トップページ

シュシュFacebook
https://www.facebook.com/%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0-%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%B7%E3%83%A5-679792415401996/?__tn__=%2Cd%3C-R&eid=ARB641Z78sk1WZjJXFXIa7mn0STC_Y8iaCzF_bJIHXktb1zFP-nPDpredXnjSktp1R0d4jinn-UcujJD