お客様の心の鏡に美しく映りお客様に感動を与える

バンケットシュシュ

スタッフと共に、お客様と
向か合いながらこなす仕事です

決して一人で黙々とこなせる
仕事ではありません

一緒に仕事をするスタッフと
連携するとめの人間関係
が求められます。

又、お客様に十分な満足していただく
ための技能
も求められます。

バンケットシュシュでは、
会場設営のプランを作りから、
片付けに至るまで

又、一度に多くのお客様の
サービスを担当するので、
レストランとは違うスキルが加わります

お客様にとって宴会は
特別の時間であるゆえに
失敗は許されません

宴会サービスの
幅広さと奥深さが要求されます

バンケットでの知識や技能を習得し
スタッフとの連携の中で共有して、
お客様に感動を与えることの仕事です

言葉づかいは、心づかいと言います

サービスという点から、考えると、
正しい言葉づかいを
お客様に敬意と親しみをもって
表現するのが
大切にしています

サービスをするにおいて
初対面のお客様に

好意的なリレーションを形成するのが、
サービス評価の決め手となります

大切なのは、組織の枠に収まらない事

お客様へのひと手間から見えた要望を
形に変えていく行動力が必要です

現場にいるからこそ気がつく事
会社の運命を決めるのは
現場スタッフといっても過言ではない

お客様をさりげなく観察する
レーダーを鍛えています

心からお客様に喜んでもらうとは
どういうことか・・・

そのお客様にとって最高の時間を
過ごして頂く為に自分に何ができるのか
お客様の視点に立って提案しています

社員教育では

「教育」とは・・・
教えて知能をつけること。
人の心身両面にわたって、
またある技能について
その才能を伸ばす為に教えています

業務計画策定のプロセスとして

・環境分析
3C分析 
1・Company(自社)2・Competitor(競合他社)、・
3・Consumer(消費者)
の視点で

事業の外部環境を分析する枠組み
・成功要因(Key For Success)の抽出
・顧客志向が求められる理由を考えています

 顧客ニーズという言葉を
 客観的にとらえるのではなく
 本当に、顧客に志を向けるとは
 どのような事なのか考えています

相手の立場に立つ
 顧客志向の原点は、相手の立場に立って考える

顧客志向が大前提
 自己中心からの脱皮を図る努力
 全ての行動の基準に顧客に置いています

あなたのお客様は誰ですか
 企業・組織の目的は、顧客の効用を満たし
 顧客の満足を促進の提供
 直接のお客様は一人だけではない

 自分の仕事に関わる人
 自分の行いにより影響を受ける人々が
 お客様となります

お客様の心の鏡に美しく映る事を
モットーしています

シュシュウェディングHP

トップページ

シュシュFacebook
https://www.facebook.com/%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0-%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%B7%E3%83%A5-679792415401996/?__tn__=%2Cd%3C-R&eid=ARB641Z78sk1WZjJXFXIa7mn0STC_Y8iaCzF_bJIHXktb1zFP-nPDpredXnjSktp1R0d4jinn-UcujJD