アルバート・メラビアンの法則

「アルバート・メラビアンの法則」

 

アメリカの心理学者

1971年に提唱した法則

 

話し手が聞き手に

与える影響を

研究と実験で数値化したものです

 

別名「3Vの法則」や

「7・38・55ルール」

と呼ばれます

 

声の感じで(MARBE)かもしれないと

いった文がどの程度

(そうかもしれない)かを

判断する実験

 

力強い口調の場合は

普通の口調よりも

そうかもしれないと感じた

という立証された

 

言語情報(Verbal)・・7%

話し手が発する言葉

そのものの意味や

言葉の構成される話の内容の事

 

聴覚情報(Vocal)

・・・38%

話し手が発する声のトーンの

大きさ・口帳・テンポ

視覚情報(Visual)

・・・55%

話し手の表情や目線

そして態度や仕草

 

見た目

身体言語(ボディランゲージ)

 

話の内容と

声の質や話し方

 

態度や仕草に

矛盾がある場合は

 

聞き手はどのように

受け取るかです

 

これからでも遅くない!

人生に卒業なし!