ドン・クリフトンの提唱するバケツ理論とドラッカーのマネジメント

【バケツ理論】は聞いた事がありますか?

今日はドン・クリフトン氏の提唱する

「バケツ理論」についてです

 

コップ理論は心の不満の水が

いっぱいになると苦しくなるから

はき出そうとの理論ですが

 

バケツ理論は幸せの水を

いっぱいに

その為には他人にやさしくすれば

自分に返ってくる理論です

詳しく言うと

 

全ての人は

心の中にバケツをかかえている

 

人は、心の中に

「認知」「関心」「肯定」「称賛」

4種の水を溜めたいと考えている

 

バケツの水が溜まるほど人は幸せになり

水が減るほど人は不幸になる

 

誰かのバケツに水を注げば自分の

バケツにも水が溜まる

 

認知 人に声をかける

関心 人に興味を持つ

肯定 人の考え方を認める

称賛 人を褒める

 

この行動を意識的にとり

周囲の人の「心の中のバケツ」

水を溜めると

 

あなたの「心の中のバケツ」にも

同じように水が溜まり

 

良好な「幸せのサイクル」となる

幸せのサイクルになるように

努力していきましょう¦

 

真剣・愛想よく・人助けを!

「ドラッカーのマネジメント」

 

真剣に愛想よく、人助け

言っています

 

組織をまとめる上でも

必要となります

 

組織運営でのコミュニケーションと

あらゆる可能性についてです

 

詳しくは

目標は組織としての成果を軸

多様な視点で適切な目標を設定する

能力は必要だと述べています

 

組織化する能力として

マネジメントは、人を束ね

組織として機能させる力です

 

個の集合から全体を創造する力

自らの資源、人的資源の

あらゆる強みを

発揮させるとともに

 

あらゆる弱みを

消さなければならない

と述べています

 

コミュニケーション能力

知覚であり、期待であり

欲求であり

情報法ではないと

定義しています

 

人には、それぞれの理想、

目的、欲求、ニーズがある

 

組織が成果を出す為に

考えられるあらゆる可能性です

 

真摯さと愛想よくする事、

人を助ける事

 

これからでも遅くない!

人生に卒業なし!