これからの時代 ビートゥーシー 開き直りが大切

「B2C ビートゥーシー」

B to Cとは?

これからの時代はこうなると思います

企業と企業から

企業と個人との取引

主流になってくる時代に

突入していきます

AIの時代

スマホ・ネットビジネスと

インターネットの時代です

昔はこうだったからと

教える時代から変化していきます

Business-to-Consumerの略

企業と個人の間で行う取引の事です

B to Cのビジネス

不特定多数の消費者と取引をする事

が特徴です

エンドユーザーと直接取引

行わない企業間の取引や事業

B to B と呼びます

メーカーが消費者向けの

直販ビジネスを行ったり

メーカー直営店舗を展開して

垣根が薄くなってきています

流通業との競合関係が生れています

その為の差別化をする配慮

しながら展開しています

近年はインターネット

スマホビジネスで

C to Bの時代へ

令和で生まれた子供も

ネットは当たり前になります

これからは

近隣諸国とのグローバル化です

「グローバル化って何?」

今日は近隣諸国との

グローバル化についてです

活発な日本になるには

グローバル化は必要だと思います

グローバル化とは

国と国を分けている隔たり・障害が

小さくなる事

人・物・金の動き

活発化させましょう¦となります

企業は商品やサービスを売って

儲けを出します

できるだけ

商品の元値(生産コスト)は

下げて、売る時は高く売りたい

そうすれば、沢山儲かります

投資の株やFXもそうですね

その為、生産コストの大きな部分を

占める、人件費を安くするため

企業は賃金の安い新諸国で

商品を作り始めます

商品は何もない所では作れません

お金も国境を越えて、移動します

基本的に、豊かな国→貧しい国に

資金は移動します

しかし

現在の近隣のアジア諸国は

急成長で富裕層が増えきています

昔の日本ではないのです

これからでも遅くない!人生に卒業なし!