「PREP(プレップ)法」結論から先に言う事 と「ロバート法」

結論から先に言う!
「PREP法」

「PREP法」についてです

この方法がわかっている人と
知らない人では大きな差がでます

ブログ作りやキャッチコピー
文章作りの参考になれば幸いです

だらだらと思いを書いても
何が言いたいのか
遠回りしていてハッキリしない

いい事を書いているけど
相手に伝わらない
経験はありませんか?

そういう事で悩んでいる人は
この方法を使うといいと思います

「PREP(プレップ)法」とは何?

文章構成のひな形の事です

この方法で説得力の
ある文章にできます

社会人であれば一度は
聞いた事がある
「結論から先に言いなさい」

最初の一文
見ただけで要件が
分かるようにこの方法を使います
ブログ記事にも必要ですね

タイトルを読んで
コンテンツの内容が把握できる
ユーザーの8割は
タイトルで判断しています

まず、結論から述べて
次に結論の理由を説明
具体例の説明
最後にもう一結論を述べる

公正・平等 ああせい・こうせいではないです
「ロバート法」

何の事?
現代は青年会議所
この方法を導入しています

多数決や決議する際のルールです
権利と原則で
公正・平等になる方法です

ロバート法について

1876年米国陸軍の
ヘンリー・ロバート将軍
米英会議の運営規則を基に

民間団体でも対応できる会議運営の
ルールブックを作成した
現在、JCが導入している

4つの権利

多数者の権利(過半数の賛成)
少数者の権利(2名以上で動議)
個人の権利(一人一票の同じ権利)

4つの原則

1時1件の原則
(1度に1つの議案だけ討議)

1時不再議の原則

(決定すれば再度はない)
多数決の原則
(過半数以上の承認)
定足数の原則
(出席数)

特徴は審議のための会議
ロバートルールは
博愛精神
「公正」「平等」で
権利は均等

代表者が集まり、公正・平等で
ディベートして審議・決定する
素晴らしいシステムです

これからでも遅くない! 
人生に卒業なし!