働きアリと出来る人を伸ばす!「パレート(2:8)の法則」

出来る人を伸ばす!
「パレート(2:8)の法則」

パレードの法則についてです
パレードって何?
聞いた事ありますか?

会社でも全員が真面目に
働いてなくて
本当によく働く人は2割です

8割は何となく働いている
2割が全体を押し上げています
真剣に働いている人は2割しか
いないんです

8割は自分の為、生活の為に
嫌な仕事だけど、仕方なくて
働いています

詳しく言うと

イタリアの経済学者パレート言葉です

物事を構成する要素が
全体占める割合

複数要素のうち一部で
全体の大部分の割合が占める

社会の富の8割は
2割の富裕層によって
占められている

売上の8割は
全体顧客の中の2割が
占めていて

グループの2割の売上が
8割の人を上げている

だから、上位2割に力を
入れる方が
効果的であるという考え方です

出来る人を伸ばしていく方が
全体を押し上げる事になる

会社にとって弱い所を伸ばすので
なくて、いい人を引き上げる方
全体に良くなる法則です

働きアリ!の話「2-6-2の法則」

パレートの法則から派生した
考えられた法則です

2割の商品や人材を突き詰めていくと
上位2割の中て
さらに「上位・中位・下位」

2-6-2の割合
現れるとしいう法則です

働きアリは上位2割の働き
アリだけで集団を作ると

働きアリなのに2割は怠けはじめ
これを続けると
上位は誰もいなくなる

会社では優秀な社員が2割
普通の社員が6割

成績の良くない社員は2割
成績下位を切り捨てるのでなくて

中位層と下位層への対策を行い
ボトムアップを
図る方がよいとの法則
です

普通の社員を上にあげる努力で
6割に上げると科学変化を起こします

2つとも似たような法則ですが
私自身は全体の6割の
いい集団を作り

これまで、バカしていたり
やる気がなかった人が
6割の人をみて

なかなか、いいんじゃないの
と気づき、2割の人が
6割の渦に入っていきます

全体が8割となり、大きな勢力となり
全体を引っ張っていく
残りの2割は付いていけなくなっって
去っていく
と考えます

その為には全体を引っ張っていく
リーダーシップが必要です

これからでも遅くない! 
人生に卒業なし!